参考になる?ならない?みんなの映画口コミ「信用度」が明らかに

  • LINEで送る
2014.12.24

shutterstock_197496368

お金を支払って観る映画。できたら有意義な時間を過ごし、「面白かった!」と言いたいですよね。

観だしてすぐや、中盤になって「ハズレ」「失敗」なんて思いたくありません。そう思わないためにも、前もっての情報はとても重要なポイント。

キャストやストーリーも重要だけど、既に観た人の感想レビューって気になりませんか? レビューは映画を観るための判断基準になるとか、ならないとか……。

これはもちろん、真面目に書かれているものから、ひやかしまで様々です。ですが、みなさん実際にその感想はどこまで信用しているのでしょうか?

今回、レビューを読み「行く?」「行かない」と決めるために判断材料としてどれぐらいの割合をしめているのかを調査してみました。

■レビューを参考にしているのは平均13.6%程度

「人の意見には振り回されないぞ~」と言っても、人の評判は気になるものです。レビューを読んだ結果、その映画を観に行くかどうかを平均13.6%の方が参考にしていると判明。

さて、この数字実際には多いのか、少ないのかどちらなのでしょうか?

実は、一番回答率が高かったのは、「全く影響されない」という0%の人たち。全体の60%もいます。というより、「そもそも口コミなんて見ません」という人が大多数だったのです。

人の意見を気にすると言われている日本人であっても、映画に関しては関係なさそう。「ネット上の口コミはサクラが多いので、全くあてにしません」「好みは人によって違うので、口コミは気にしない」と、全く動じない感じ。

ちなみにレビューを80~90%くらい信用して、映画を観る判断基準にしている人も、少数ではありますが、ちらほらありました。

こららの方々にとってレビューは重要な情報で、それも良い評判より、悪い評判の方が気になり「評判がイマイチなのはやっぱり行かない」「あまりにも評判の悪いものは見たいと思わない」とのこと。

悪い評判は見る価値なし、ということでしょうか?

■ネット上の映画レビューなんて信用しない!

ネットではレビューが溢れているのに、その情報に捕らわれず、自分の判断で映画を観るかどうかを決める人が60%いました。

つまり、インターネット上に書き込みの量がたくさんあっても、それを参考にしている人はごくわずかということだったんです。

人の意見はあくまでもその人の視点でしかありません。つまり、人の意見に左右されず予告編を観て自分で決めていることが明らかになりました。

例え、「この映画失敗した」と思っても、それは自分の責任ということです。

どんな映画でも賛否両論があり、善し悪しは決められません。悪い評判であってもそのことが評判になり、大ヒットしたりすることもあります。

レビューは、観た人の主観であるから、あまり判断基準にはなっていなかった、というのが結論。それでも、レビューが気になるのであれば、あくまでも参考程度に観るべしですね!

(文/Jeana)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月20日(木)

調査対象:全国20代~30代の男女各50名

関連記事