男女で大きく違った「自分のガンを恋人に言わず別れを選ぶ」割合

  • LINEで送る
2014.12.24

shutterstock_207019708

女性が愛する人から距離をとろうとするのは、一体どんな時なのでしょう? 普通は、恋が冷めた時や、裏切り行為をした時がすぐ頭に浮かびそうですよね。

ところが、愛する人の支えが最も必要な時に、この行動をとってしまう女性が25%、男性が18%もいる、との研究結果が明らかになりました。

この支えが必要な時、というのは具体的にいつになるのでしょうか? 愛をテーマにした英語圏のサイト『Your Tango』掲載の記事からお伝えいたします。

■男性より女性はガン罹患を周囲に言い出せない

研究によると、女性の25%、男性の18%が、自分がガンにかかった場合に、親しい親戚や友人に、病気を伏せて告げないのだそうです。かなり多い比率のように思いませんか?

なぜ、そんな多くの女性が(男性もですが)、ガンであることを伏せるのでしょうか。伏せようとすると、愛するその人と間に距離を置かざるをえなくなります。

それは、ガンの症状や、治療の経過は、目に見える場合が多いからです。ではなぜ、愛する人から離れてまで、ガンであることを伏せるのでしょうか。

『Your Tango』掲載記事の筆者は、親しい伯母をガンで亡くしています。

伯母に病気のことを告げられたのが春のことで、夏には伯母は亡くなってしまったと回想しています。後になって筆者は、伯母が長期間闘病していたことを知るのですが、そのことを伏せられていたことに、筆者は強いショックを受けたのだそうです。

大好きな伯母が、なぜ自分に距離を置いてまで、ガンのことを伏せたのだろう。その疑問から、ガンになった人の行動に関する研究を読むに至ったのだそうです。

そして知ったのが、冒頭の“女性の25%、男性の18%が、自分がガンにかかった場合に、親しい親戚や友人に、病気を伏せて告げない”という結果でした。

確かに、伏せられた方にとっては“25%”は、つらい数字ですよね。

■21%の女性は恋人にガン罹患を告白できない

それでは、もっと身近な相手の場合、数字はどう変化するのでしょうか。

同研究によると、パートナーに対して、ガンであることを伏せると回答した人は、女性が4%、男性が1%とぐっと減少します。

隠しきるのが困難な上、パートナーの気持ちは、日々近くで感じるものだからでしょう。そこで、最初の数字25%に戻ってみましょう。

パートナーほど身近にはいないけれど、自分が大切に思っている人に、自分がガンであることを知らせるのは、どうでしょうか。

相手のショックと悲しみを考えると、その人から離れても、告げない選択をする人が多いのも、実は不思議なことではないのかもしれません。

愛する人が悲しむのを見たくないのは、誰しも同じですが、女性はその傾向が、より強いのかもしれません。

同研究によると、自分に対して、ガンであることを伏せた友人や知人がいたと回答した人が約20%おり、またおよそ50%が、その人の決断を受け入れると答えていました。

ガンであることを愛する人に告げるという決断は、とても厳しいものだと想像が出来ます。

だからこそ、「愛する人から離れても、伏せておきたい」という気持ちを持つ人が多くいることを、私たちは知っておくべきでしょう。

限りある人生の中で、愛する人(恋愛関係に限らずですよ!)に、自分はどんな関わり方をしたいのか、そのことに気づくためにも、“女性25%&男性18%”の比率を、ぜひ覚えておいてくださいね。

(文/粟飯原由布子)

 

【参考】

25% Of Women Would Keep This Secret From The Ones They Love-YourTango

関連記事