イギリス人は日本人以上に仕事大好き!意外な国民性がわかる数字

  • LINEで送る
2014.12.25

shutterstock_134069369

みなさんは、イギリスやイギリス人に対してどんな印象を持っていますか? 紳士の国、ぐらいしか頭にパッと浮かばないものではありませんか?

今回は、数の視点からイギリスを紹介してみたいと思います。例えばイギリスでは、連続3日間同じ下着を着ることを認めている大人の割合が10%もいるんですって。

なぜ3日間なの? 何よりイギリス人って潔癖じゃなかったの? 聞きたいことだらけ! でも、面白いですよね!

そんなイギリスにまつわる数の話を、ミッチェル・サイモンズの新刊から紹介していきましょう。読むと、イギリス人のイメージが大きく変わるはずですよ!

■1:イギリス人が1日に食べる健康に悪そうなスナック菓子の数は、2.8個

これ、意外ですね~! イギリスは食べ物がおいしくないとよく言われているせいか、イギリス人って体に悪そうなモノを食べないイメージ。

それなのに、1日に1人が2.8個って、多いですよね……。どんな食べ物なのでしょうか?

■2:マクドナルトに一度も行ったことのないイギリス人の割合は、19%

イギリス国民の約2割は、マクドナルドに行ったことがないことが分かったそうです。ハンバーガーがあまり好きではないのかな?

ちなみに、日本では略して“マック”とか“マクド”とか呼ばれますが、イギリスでは“マッキー・ディーズ”と呼ばれているらしいです。

■3:昼休憩を一度もとったことがないと証言するイギリス人労働者の割合は、55%!

海外の人って、仕事とプライベートのオンオフがきっちり分けられている印象が強かったのですが、2人に1人が昼休憩もとらないなんて驚きましたね!

もしかしてイギリス人って、日本人以上に勤勉なのでしょうか?

■4:ロンドンの地下鉄車両で生まれた人が、1人だけ存在する

1924年の出来事。ベーカールー線のエレファント&キャッスル駅で生まれた女の子がいたそうです。彼女の名はマリー・コーデリー。無事生まれて良かったですね。

■5:1947年に初めて販売された時にトイレットペーパーを販売した店の数は1店舗だけだった

しかも、そのお店は有名な『ハロッズ』だったそうですよ。トイレットペーパーをハロッズで販売する時代だったのですね……。どんなディスプレイだったのか気になります!

■6:イギリス人女性が洋服からサイズのタグを切り取る割合は、29%

買った時の値札のタグではなくて、洋服の裏についているタグのことですよね……?

洗濯表示も書いてあるので、着た時に問題が生じない限り筆者は切らないのですが、みなさんはどうしていますか? 他の国の女性の割合も、知りたいなぁ。

■7:第二次世界大戦中に勇気ある行動に対してジョージ・クロスメダルを受け取った女性の人数は、4人

ジョージ・クロスというのは、人命救助等における極めて勇敢な行為に対して与えられるイギリスのクロス章のことです。4人という数から察するに、極めて勇敢な行動だったのかもしれませんね!

……さて、今回取り上げたイギリスに関する数の話、いかがでしたか? イギリス人はプライバシーを大切にし、相手に迷惑をかけないようにするという意識が強い国民なんだそうです。

ですから、初対面の相手には少しだけ距離をおいてコミュニケーションをとることが多く、場合によっては少しドライに見えるケースもあるかも。

他の国についても同じように分析していったら、数から見た“国民性の違い”がみえてきそうで、面白そうですね!

(文/二葉)

 

【参考】

Average human grows 590 miles of hair and eats 35 tons of food… AMAZING human stats- Daily Express

関連記事