食べすぎ注意!冬にみかんを食事代わりにしてしまう日本人が急増中

  • LINEで送る
2014.12.31

shutterstock_238480540

みかんって、一度手を伸ばしたら止まらなくなりませんか? 案外みなさんそーなんじゃないかと思い、30代の男女100人に冬休み中の食事とみかんの割合を調査してみました。

結果は、なんと休み中の日本人はみかんが食事の9.87%を占めるということがわかりました。それって、みかんの食べ過ぎでは? ちょっと多いですよね……。

さっそく、日本人のみかん事情を以下から紹介するので、自分と照らし合わせながら読んでみてください。

■うっかりみかんを食べすぎたことがある(53%)理由

どれだけ食べてるのかと思ったら、「みかんを食べすぎたことがある」が53%もいました!

ただし、“本当に食べ過ぎてしまう派”と“あくまで食後のデザート感覚派”に分かれていることが判明! それぞれの理由は以下の通り。

[1]食べ過ぎてしまう派(10%)の回答

「みかんが食事代わりの時もある(2%)」

「常に置いてある(3%)」

「喉が渇いて1日に40個食べたことがある」

「ついみかんを食べすぎて、食事の量が減ってしまう」

みなさん、結構みかんを食べてるようですね~! 無類のみかん好きさんかしら。

[2]食後のデザート感覚派(43%)の回答

こちらは、あくまでみかんは“食事のお供”みたいです。

「食後のデザートとして、いつも置いてある(6%)」

「手が黄色くなったりトイレが近くなるから、食べ過ぎないようにしている(6%)」

「おやつとして、美味しいので(4%)」

「みかんだけではお腹が満足しない(2%)」

この中に、みかんを食べることで不具合が出ないよう、あえて気を付けている人が6%もいました! みかん好きには、苦悩が付き物のようです。

■みかんはおやつなので食事代わりではない(47%)理由

一方、「みかんを食べない!」と断言する人達が47%いました! 世の中には、みかん好きだけじゃないんです。その理由を見てみると、こちらも意見が大きく2つに分かれていました。

[1]みかんと折が合わなくて全く食べない派(15%)の回答

「好きじゃない」

「買わない」

「手で剥いて食べるのが、面倒」

「果物アレルギー」

「お腹を壊す」

[2]ほんの少し食べるけど食べ過ぎない派(32%)の回答

「みかんは食べるけれど、食事とは別モノ」

「黄色くなりたくないから、食べ過ぎない」

「食事代わりに食べることはない」

中には、「コタツではないから食べない」という面白い声も寄せられました。やっぱり、冬はコタツにみかんが王道なんですね!

また、「みかんを食べて黄色くなるのが嫌だ」という声が目立っていましたが、確かにこれは事実。みかんを食べすぎると、手の指先から顔や体などが黄色くなる場合があります。

これは、みかんに含まれるβカロテンを摂りすぎるのが原因で、1日に10個以上大量に食べたりすると起こる症状。みかんの適量は1日2~3個程度なんです。

なぜかというと、そもそも1日の理想的な果物の摂取量は200gだと言われているから。ご存知でしたか? ちなみに、食後のみかんをデザート感覚で食べすぎちゃうと太る原因にもなるんだとか!

でも、みかんには美肌効果や喉からくる風邪予防など嬉しい効果もあるので無暗に遠ざける必要はありません! みなさんも、適度にみかんを食べて、寒い冬を乗り切りましょう。

(文/喜田宏美)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月10日(水)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事