何歳の時に「人は見た目が9割」だと気付いた?悲しい子供心が発覚

  • LINEで送る
2014.12.28

shutterstock_170871299

美人が男性にチヤホヤされていると、「結局、顔か~」と思ってしまいますよね。でも、幼少期は不公平さって感じなかったと思いませんか?

一体、人はいつから、見た目で相手を判断するようになるのでしょう?

ということで、全国の30代~40代の女性100人に、「“人は見た目が9割”だと気付いた年齢を教えてください?」というアンケートを行なってみました。

すると、悲しいことにみんな小学校を卒業する12.76歳くらいには、「人は見た目が9割」と気付いていたことが判明! なんともショッキング……。

どうして、そんなふうに思ってしまったのかなど、さっそくアンケート結果の詳細をみていきましょう!

■実は3歳から人は見た目で判断されていた!

今回のアンケートでは、人は見た目が9割だということに気付いた最少年齢は3歳でした。

では、寄せられたコメントから、印象的だったもの、ユニークだったものを紹介しましょう。まずは、中学時代までに気付いたというみなさんからのコメントです。

「3歳。幼稚園で、大人からは子供っぽい子が人気だったが、子供同士の中ではやはり見た目がかわいい子が人気者だったから」

「6歳。発表会の劇で、主役などの良い役はみんなかわいい子だったから」

「8歳。クラスのかわいい子が給食当番でおかずをぶちまけて 食べられなくなったとき、男子が何ひとつ文句を言わなかった。自分だったら絶対責められただろうと思う」

「9歳。とってもかわいくてスポーツ抜群の子が、姫のようにもてた」

「13歳。バレーボール部でしたが、監督の好きそうな顔の子ばかりがかわいがられていたので」

「15歳。友達の友達の、さらに友達くらいの男の子から“もう少し痩せたら付き合ってあげてもいいよ”と、突然、上から目線で言われた時」

言われてみれば、たしかにそうだった気のするエピソードがいくつもあるように思いませんか?

■見た目9割効果で恋愛も就活も思いのまま!

大人の階段を上がるにつれ、さらに見た目は人生に大きく影響していました。「これでいいのか世間の人達よ!」と、思わず声を大に訴えたくなるコメントがぞくぞく寄せられました。

「16歳。綺麗・可愛い人には彼氏が居たから」

「18歳。バイトでカワイイ女子と一緒にだったとき、露骨に扱いが違っていた」

「18歳。就職して、かわいい子はすぐに彼氏ができた」

「18歳。コンパニオンのバイトをしているお金持ちな友人を見て気付いた」

「19歳。大学生のとき。採用されやすい人を見てそうなのかなと」

なかには、「周囲からちやほやされた」という自らの体験から、人は見た目が9割だということに気付いたという、なんとも羨ましいコメントもありました。

■見た目で得をすると見た目で失意も味わう!

ただし、25%の人達は「人は見た目なんかじゃない」と思っていることもわかりました。その人達からは、「見た目がすべてとは思っていない」「見た目だけで判断する人と付き合いたくない」といったコメントが寄せられています。

ちなみに、今回のアンケートでの(見た目が9割だと気付いた年齢の)最高齢は40歳でした。

そしてさらに、年齢が上がることで、因果応報ともいうべく事実が待ち受けていたことも判明!?そんなみなさんの貴重な実体験・声を最後にご紹介しましょう。

「40歳。年をとって若さには負けると思った」

「37歳くらい。この頃から容姿が少し衰え始め、あまりもてなくなった。若いときはちやほやされていたので気がつかなかった。今は若い女の子と私に対する目線が違うのが明らかにわかる」

「30歳。自分がもう若くないと思い始めた頃からなんとなく気付き始めた」

オシャレは自分の印象を決めるうえで大事なことに違いありません。しかし、メッキ塗装と一緒で、剥げたときには見る影もなくなってしまいます。見た目だけ取り繕うのではなく、内面の充実もはかるようにしたいものです。

(文/富士峰子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月9日 (火)

調査対象:全国2代~30代の男女100名

関連記事