冬のダイエットが必ず成功する!超ハードルが低い5つのステップ

  • LINEで送る
2014.12.29

shutterstock_167355680

毎年、年末年始で体重が増える人はいませんか?

年末の忘年会に始まり、クリスマスやお正月、新年会など、ついつい飲み過ぎ食べ過ぎてしまう時期。また冬は、寒くて外出するのも億劫になり運動不足になりがちに。

しかし春になって急いでダイエットをしても、なかなか元の体型に戻すのは難しいもの。そこで今回は、減量を成功させる5つのステップを海外サイト『Women´s Health』より紹介します。

この5つならどんなめんどくさがり屋さんでも辛くないので、太りやすい人はぜひ試してみましょう!

■1:1日のカロリーを把握する

1ポンド(約450グラム)落とすには、3,500カロリーを消費する必要があります。そのため、一日500キロカロリーを減らせば、1週間で1ポンド体重を減らすことができる計算に!

エクササイズを組み合わせたり、食事に気を付けたりと、毎日500カロリーを減らす努力をすることで、1週間で1ポンド痩せることができます。焦らず、少しずつ無理なく体重を落としていきましょう。

■2:食べたものを記録する

カロリーをできるだけ正確にチェックしましょう。カロリー摂取量を調べてノートに記録するか、カロリー管理アプリを使用するのもオススメです!

口に入れたものは全て、書き留めていきましょう。すると、ちょっとだけ食べていたつもりが、実はカロリーが高かった、なんてことにも気付きますよ。

■3:食べる量を測る

計量カップや計量スプーン、フードスケールなどを使い、1人分の正確な量を測りましょう。目分量で測るのは正確ではありません。とくにお腹が空いているときは、多く見積もり過ぎる傾向があるものです。

最初の数ヶ月は全ての食べ物の量を測ることになると思いますが、その後はどのくらいが1人分の量なのか、見てわかるようになるはずです。焦らず習慣にしていきましょう。

■4:1日5食にする

食べ過ぎを防ぐために、3回の食事と、2回の間食がベター。2時間~3時間ごとに食べるようにしましょう。

例えば、7時に朝食、9時半に間食、12時半に昼食、15時半に間食、18時半に夕食をする。これなら空腹になることなく、ダイエットができますね。

また、食事は少なくとも寝る1~2時間前までに済ませるようにしましょう。寝る直前に食べると睡眠の質に影響します。十分な睡眠も、ダイエットに効果があるんですよ!

■5:タンパク質をとる

毎食、タンパク質を含む食事をしましょう。タンパク質は空腹感のコントロールに有効です。

また、朝食、昼食、夕食はそれぞれ300~500カロリーにして、2回の間食はそれぞれ150カロリーに抑えるようにしていきましょう。

……どのステップも、簡単ですよね。ダイエットは続けられるものじゃないと絶対にリバウンドします。まずは上記5つのようなハードルが低いものを取り入れて、少しずスリムになっていきましょう!

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

Women´s Health

関連記事