自分好きすぎは危険!男性に「痛い女」認定される3つのNG行動

  • LINEで送る
2015.01.06

shutterstock_168960245

アイドルはよく、自分撮り写真をブログやSNSにアップしていますよね。ただしこれは、アイドルだから許されることのひとつ。同じことを一般女性がやると、同性から痛い女認定されてしまいます。

しかし男性は、どうなのでしょうか? 女性のどんな行動に「自分好きすぎて痛い」と思うのでしょうか?

ちょっと気になり、30代の男性100人に「女性の行動を見て、“この人は自分好きそうだな”と思ったことがありますか?」というアンケート調査を実施。

すると、「ある」が39人、「ない」が61人との結果に!

それでは、具体的にどんな行動が男性に「この子は絶対に自分のこと可愛いと思っている!」と思われるのでしょうか? 寄せられたコメントを一緒に見ていきましょう。

■1:自分撮り写真は自分好き認定されやすい

「ある」と回答した男性に、どんな時に「自分好きそう」と思うのかを聞いたところ、最も多かったのが自撮り写真をSNSにアップしている時でした。

「自分撮り写真をSNSにあげている人は全て自分好きだと思う」

「顔アップの写メを投稿している時」

「プリクラや自撮りが好きな人は自分好きそうで、ちょっと痛い」

自分撮り写真をアップする人は、かなり自分の容姿に自信があるんでしょうね。鏡で日夜研究し自分のキメ顔をよく知っているんでしょう。でも、それは誰かと写真を撮る時だけにした方がよさそうです。

■2:頻繁に鏡を見るのも自分好き認定されやすい

次に多かったのが、常に鏡を何回も見ている時。

「とにかく鏡ばかりを見ている時」

「いつまでも鏡で自分を見ている時」

「気持ち悪いぐらい鏡を見ている時、そう感じてしまう」

人前でも鏡を見てウットリする、髪型のチェックやメイク直しなどに時間をかけすぎる、街中でもショーウインドウに写る自分を見る、なんてことはありませんか? 程々にしましょう。

■3:過剰な自己アピールも自分好き認定されやすい

しかし、「自分好き」は決して悪いことではありません。誰も好きだと言ってくれなくても自分だけは好きでいいじゃないですか。

目が小さくても、鼻べちゃでも、太っていても、自分で愛しく思ったら、それが個性になり、愛嬌になると思います。女性は自分好き、つまりナルシストだからこそ可愛くなれるし、キレイになれるのです。

ただ、あまりにも頻繁に自撮り写真をアップしたり、人に迷惑をかけるぐらい鏡の前をぶんどったりすると、男性からドン引きされてしまいます。

中には、「過剰な自己アピールは自意識過剰な気がする」という意見も寄せられました。自己アピールしすぎると、男性から次のように思われています。

「可愛い・キレイと自覚しているような気がして、自分好きな匂いがする」

「可愛いと自覚しすぎているように見えて痛い」

「明らかに、“自分は可愛いの~”って雰囲気がして気持ち悪い」

つまり、自分好きの度が過ぎると、かえって反感を買うことになるのです。また、モテ自慢のようにも思われてしまいますね。

自分好きはいいことなのですが、それはあくまで自分磨きに生かして、人前では周囲に迷惑をかけないよう言動や態度には十分気を付けていきましょう。

(文/森美奈)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月10日(水)

調査対象:全国の30代男性100名

関連記事