7人に1人が被害!全く油断できない「ぼったくりタクシー」実態

  • LINEで送る
2015.01.06

shutterstock_220587022

寒い時期になってくると、外を歩きたくなかったり、自転車に乗りたくなかったり。「もうタクシーに乗っちゃえ~」ってなる時もありますよね。

さらに、これから新年会シーズン。終電を逃して仕方なくタクシーを利用することがあるのではないでしょうか?

終電逃すならまだいいです。終電で寝てしまって、終点まで行っちゃったときの落胆といったら……。もうタクシーに乗るしかないですよね。でも、突然のタクシー代ってものすごく痛い出費!

それで「日本では大丈夫だと思うけど……」と思って調べてみたら、ちっとも大丈夫ではありませんでした!

今回、タクシー代をぼったくられた経験について、30~50代の男女100人にアンケート調査を実施。

この結果から見えてきたのは……、なんと7人に1人はぼったくりに遭っているという事実! では、一体どんなタクシーに要注意なのでしょうか? 詳細を一緒に見ていきましょう。

■タクシーぼったくりの巧妙な手口

まず気を付けた方がいいのは、風景です。もちろんメーターにも目を光らせた方がいいのですが、走行中は窓をよく見た方がいいかも。

コメント欄に、「遠回りされた」との声が多数寄せられたのです。いつもと違う道を通り始めたら、危険!

ただ、これは恐らくわざとしている方ばかりではありません。そのため、「こっちじゃないです」とストレートに言った方がいいでしょう。

次に多かったのが、「わざとらしく“道を間違えた”と言われた」「“ここで止めて”と言ったのに無視された」などの声。

これは、筆者も経験があります。運転手さんが目印を言ってもわかってくれないと、「もっとちゃんと道知っておいてほしいわ」と思っちゃいますよね。

こんなことを言われた時は、「その分は料金から引いてください」と早めに言った方がベター。

この時、運転手さんに威圧的な言葉遣いされたら、落ち着いて平静を装い、こちらの主張を聞いてもらえるようゆっくり話しましょう。

あと、遠回りされちゃったり、道を間違えられちゃったりしないように、こちらも事前にスマホで最短ルートを検索しておくと被害に遭いにくいかもしれません。

ちなみに他には、「居眠りをしている間に」というコメントもチラホラありました……。

酔っている時のタクシー乗車は、いいカモにされやすいです。しかもタクシーは密室なので、何されるかわからない危険も……。女性は絶対に警戒を怠らないようにしましょう!

■1万円ぼったくられた人もいる!

さらに、ぼったくりタクシー被害者に「どれくらいの金額をぼったくられたのか」という質問したところ、トップ3は以下のような結果に!

[1位]:10,000円

[2位]:1,000円

[3位]:5,000円、500円

ぼったくりに遭ったら、こんなにも恐ろしい被害額なのです! これは家計に大打撃ですよね。ましてや筆者のような学生だったら、お給料がほとんど飛んでしまいます(笑)

1万円あったら、アウトレットで3~4枚服が買えるし、カラオケとボーリングとビリヤードとUFOキャッチャーが目いっぱい楽しめちゃいます。

また、都会でオシャレなディナーをパートナーと堪能できるし、友人や恩師にちょっとしたプレゼントで入浴剤とかハンドクリームとかたんまり買えるし……。う~ん、とにかくそのお金がもったいない!

東京のタクシー初乗り料金はたった710円なので、1万円という金額は本当に大きいです。ぜひ今後タクシー利用する際は、しっかりとぼったくり対策してから乗車してくださいね!

(文/乙女ライオン)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『mixi survey(ミクシィサーベイ)』

調査期間:2014年10月20日(月)

調査対象:全国30代以上の男女100名

関連記事