友達がどんどん離れる!LINEが怖くてできない若者が急増中

  • LINEで送る
2015.01.11

shutterstock_153066596

今、LINEでの人間関係トラブルが頻発していて、メディアでもよくとり上げられていますよね。

LINEは手軽に仲間と連絡をとり合える便利ツールに違いないのですが、それゆえ、些細な行き違いも生まれやすいのです。

そこで、全国の20~30代の男女100人に、LINEがきっかけで距離を置くようになった人について調査してみました。

すると、平均で0.6人いることが判明。1人いるかいないかという、ちょっと微妙な数字になりました。

しかし、そもそもLINEを利用していないという人が85%もいたことが明らかに! そして、この人達からは、LINEはトラブルが多いのでやりたくないという意見が多くみられました。

どうやら、LINEトラブルが話題になりすぎて、LINEそのものをできない人が増えているようです。これ、具体的にはどんな考えで避けているのでしょうか? 寄せられたコメントをのぞいてみましょう。

■説教・性生活暴露・お金の無心など悲惨なLINE体験

今回のアンケートでは、関係が壊れた人数の他に、その人とLINEでどんなやりとりをしたのかも質問してみました。すると、以下のような距離を置きたくなって当然というエピソードばかりが!

「3人。クレクレちゃんで、参ったから。とにかくうざかった」

「2人。人生においての説教をされた気がする。あと、出会い系で知り合った人、しつこいからブロックした」

「2人います。突然“お金貸して~”と言われてドン引き」

「1人。聞きたくもない、自身の性生活の話を連投する。しかもしつこく聞いてきてウザかった」

「1人。LINEの乗っ取りが災いして、相手にアカウントの横流しの濡れ衣を着せたが、その後、音信不通に」

う~ん、これはちょっと悲惨……。どれも、人間不信になりそうな感じがします。こういった話を聞くと、確かにLINEは嫌になるかも……。

■LINEはトラブルになりそうでやりたくない派の意見

そして、実際にLINEを利用していない人達の意見を見てみたところ、以下のような理由が寄せられました。

「既読を無視とかされると嫌だから」

「もし仮に使ってても、親しくない人にはLINEを使っていないことにしておく」

「(悪気はないのに忙しいと)既読を無視をしてしまいそうなので、していません」

「トラブった話をよく聞くのでしていません」

「LINEは揉めそうなので、手を出していません。かたくなに拒否」

どれも仰る通りではあるのですが、LINEが便利で楽しいツールだけに、何だかもったいない気も……。

■信頼のおける相手とならLINEでもトラブル知らず!

そして、LINEを利用している人を男女別でみると、女性の利用者が67.7%と、圧倒的に女性が多いことがわかりました。そのため、トラブルを抱えている人も女性がほとんど。

しかし当然、女性でも便利にLINEを利用している人も……。最後は、その人達のコメントもご紹介しましょう。

「トラブルはない。不必要に交流しないので」

「人間関係が壊れたことはありません。実際に仲の良い人としかやらないので」

「そもそも、トラブルになるような人とは付き合わないのでトラブルがありません」

確かに、トラブルにならなそうな人とだけやりとりすればいい話でもありますよね。気心の知れた相手となら、多少の誤解が生じても、仲間を通じるなどして、すぐに修正できます。

というわけで、LINE食わず嫌いにならず、トラブルになりそうな人だけIDを秘密にして、うまく利用してみては? そうすれば、もっとコミュニケーションも楽しくなるはずですよ。

(文/富士峰子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月3日(水)

調査対象:全国20~30代の男女100名

関連記事