世間は超厳しい!不倫経験者が幸せになれる可能性はたった●●%

  • LINEで送る
2015.01.20

shutterstock_238470442

不倫をすると「一生幸せになれない」とよく言われますよね。

ドラマや映画の中では、苦しい不倫の末にハッピーエンドというパターンも珍しくありません。でもこれ、現実味が薄いがゆえに、ドラマや物語になりやすいのかも……。

実際には、不倫の末に幸せをつかんだという人より、幸せをつかみ損ねたという人の方が多いように思いませんか?

そこで、全国の30代の男女100人に、「一度でも不倫をした人が幸せになれる確率は、何パーセントだと思いますか?」というアンケートを行なってみました。

すると、その確率はたったの25.82%という厳しい見解が浮き彫りになりました。なかには、実際に因果応報を見た人たちも……! 何やら修羅場の予感が……。さっそくアンケートの内訳をみていきましょう!

■34%は「不倫した人は絶対に幸せになれない」と主張!

今回のアンケートでは、「不倫をしたことのある人が幸せになれる確率は0%である!」と一刀両断する人が、なんと34%にものぼりました。

「不倫の分際でそんな権利はない」

「最後には絶対に捨てられるから」

「たとえ略奪できたとしても、奪ったら奪われるので」

「不倫をしていると、甘えた人間関係を普通のものだと錯覚するようになり、人間的にダメになっていく」

「気持ちに後ろめたさが残るだろうから」

「自分が苦しめた人たちから苦しめられるようになる」

このように、因果応報を説く人がとても目立ちました。中には、「悪い行いをすれば、その人、または、その人の子孫に悪因がまわっていく」と、敏腕占い師なみにズバリ予測をする人も!?

真相は定かではありませんが、やっぱり後ろめたさのようなものは残ってしまうのかも。

■2%は「不倫した人でも100%幸せになれる」と主張!

一方で、不倫経験者でも100%幸せになれると回答した人もいました。ただし、たったの2%。では、高い確率で幸せになれると回答した人達からのコメントもご紹介しましょう。

「本人が幸せなら、周囲の事は関係なく幸せなのでは?」

「不倫をしても、その後の人生にまで関わるとは思えない」

「不倫は人生のスパイスですので」

もはや、不倫をエンジョイしているご様子!?

■32%は「確率はフィフティ・フィフティ?」と主張!

じつは、不倫経験者の幸せになれる確率で、一番多く寄せられたのは50%という回答でした。32%もの人が、幸せになるのも不幸になるのもフィフティ・フィフティだと考えていたのです。

「反省すれば幸せになれる気がする」

「一度不倫をした後の、幸せになれるかどうかに関しては、その人の気持ちのあり方次第だと思う」

「バレなければ通常恋愛と変わらない」

「その後の生き方によると思う」

大多数は、「その人次第」という意見でした。ところで、パーセンテージもさることながら、印象的だったコメントがいくつかありました。

「野村監督を見ていると、ああいう夫婦も幸せそうに見えるから」

「不倫している事自体が幸せ」

「好きで不倫したわけでない人もいるので」

いろいろな人間模様があるようです……。それでは最後に、実際に因果応報をみたという人達からの貴重な体験談をご紹介しましょう。

「職場にW不倫カップルが1組いますが、女性の方が精神的に病んでしまいました。これからどうなるんでしょう……」

「不倫から抜け出して幸せになれる人も稀にいると思うが、大体不倫体質の人はやめられないと思う。実際に、人のもの(既婚者)に目が向く→自分の手に入ると途端に冷める、という人がまわりに数人いた」

「略奪結婚したものの流産したり本人も病気になったりした友人が身近にいました」

「慰謝料がなかなか払えず、結局ずっと借金で苦しんだ友人がいた」

なんだか読んでいるうちにゾッとしてきませんか?

追い打ちをかけるようですが、世の中には、不倫の末に会社も家族も失い、実の親にも縁を切られ、挙げ句、彼女にも逃げられホームレスになったという男性も実在します。

確かにハッピーエンドでうまくいくケースもありますが、どうやら、不倫の代償は得てして大きいものだと心がけたほうがよさそうです……。

(文/富士峰子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月16日(火)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事