実は8%の男女が痛い目に遭っている「出会い系サイト」最新事情

  • LINEで送る
2015.02.13

shutterstock_142822120

ニュースで目にする事件も多いせいか“出会い系サイト”と聞くと、なんだかイカガワシイ印象をもってしまいませんか? サイト上ではいくらでも嘘がつけるだろうし、何だか怖い気がしますよね……。

でも、実はこっそり登録したことがあるという人もいるのでは?

そんなことがちょっと気になり、30代の男女100人を対象に、「今まで出会い系サイトに登録して失敗したことはないか?」調査してみました。

すると、92人が「失敗したことがない」と回答。というより、そもそも登録したことがない人がほとんど。しかしながら、残り8人は「失敗したことがある」ことがわかりました。

失敗した人達のエピソードを読むと、「やっぱり出会い系サイトは怖い!」と改めて実感するものばかり。

そこで今回は、アンケートから明らかになった出会い系サイトの実情をご紹介したいと思います!

■出会い系サイトで本当に出会える?

まずは、失敗談から。

「返事がまったくこなかった」

「出会った人と話が合わなくて退会した」

「実際会って、失敗した」

「ホテルに行ったが騙された」

単純に「フィーリングが合わない」ということで終われば良いですが、「騙された」なんて一体何があったのでしょうか? 本当に怖いですよね。

ただし、中には、「出会った相手を本気で好きになってしまい、退会した」という女性もいました! 彼女の場合は、お付き合いが今も続いていて幸せなのだそうです。

とはいえ、100人中たった1人だけだったので、レアケースかもしれません。ですが、残り92人の「失敗したことがない人」が全く出会い系サイトに接触していないのかというと、そうではないこともわかりました。

もちろん、「変だと気付いてすぐに退会した」女性は何人かいました。しかし、なんと「出会い系サイトがきっかけで結婚した」という男性もいたのです!

これがご縁でうまく結びつく人もいるわけですから、あながち出会い系サイトもバカにできません。

■出会い系サイトで恋人を探すには?

けれども、出会い系はあくまでサイト上でのやり取り。相手の身元が不確かなので、騙されないかどうかが不安になるんですよね。でも、まだ身分証明が必要なサイトであれば信頼できます。

例えば、『Omiai』はメッセージ交換ができる会員はみんな運営会社が身分証明を見ているので、まだ安心できます。実際に結婚したカップルは多いと評判です。

そもそもアメリカでは出会い系サイトでの恋愛が盛んで、『match.com』や『Are You Interested』が大人気。『Are You Interested』の運営会社は上場もしています。

ただし、出会い系サイトやアプリの利用者と会う時は十分な注意を怠らないように。言葉巧みに体の関係を持とうとする、金銭と引き換えに会おうとする男性はもってのほか。

トラブルに巻き込まれて当たり前、サクラも多いということを念頭に、荒波に船を出す気持ちで大げさすぎるほど警戒しましょう。

傷つくのは女性ということを忘れずに。素敵な恋人が現れるまで、自分を守るのは自分しかいません。

『Menjoy!』の「知っていれば失敗しない!サイトで男性と出会うとき最も大切なコト」という記事に利用する際のポイントが記載されているので、参考にするのもひとつです。

でも、でも、著者は思うのです。出会い系に労力を使う前に、その労力を自分磨きに使うのも恋人ができる一案では? まず、自分のダメなところを見直して、いいところを伸ばしていくようにしてみては?

(文/二葉)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年1月5日(月)

調査対象:全国30代の男女100名

 

【参考】

知っていれば失敗しない!サイトで男性と出会うとき最も大切なコト-Menjoy!

関連記事