男女で大きく違う「貧乏でも子供を産むことに共感できない理由」

  • LINEで送る
2015.02.14

shutterstock_233134342

今、子供の貧困が問題視されていますよね。あなたは、貧乏でも「子供がほしい」と思えますか?

実は、国税庁が平成25年に実施した民間給与実態調査結果によれば年収300万円以下の世帯は40.9%にも達しています。

生活が苦しい時でも子供を作ろうとするのは、どうなんでしょうか? もちろん、結婚前に子供ができていたら話は別ですが……。

疑問に思い、30代の男女100人に「貧乏でも子供を産もうとすることに共感できますか?」というアンケート調査を実施しました。

すると、30人が「貧乏でも子供を産みたい」という結果に! やっぱり産みたい方は少なからずいるんですよね。

とはいえ、70人は「貧乏でも子供を産むことに共感できない」と回答しました。この回答を分析すると非常に興味深い男女差があったので、以下から詳細をお伝えします!

■女性は子供の気持ち・男性は外部要因を重視だった

最初は、「貧乏でも子供を産みたい」と答えた男女のコメントから。どれも、なかなか給与水準の上向かない時代にも関わらず、力強い声ばかりでした。

「子育ての責任とれるなら貧乏でも問題ない」

「子孫を残そうと思うこと自体は通常のことであり、どんな形でも子供を育てる環境がないことがおかしいと思う」

「子供は宝。出産育児にお金がかかりすぎるこの国を変えるべき。少子化対策」

一方、「貧乏でも子供を産むことに共感できない」と答えたのは、女性44人・男性26人。それぞれの理由を見ていくと、「やっぱり男性と女性では考え方が違う」と実感させられてしまいました。

■貧乏でも子供を産むことに共感できない女性の声

まず、「共感できない」と答えた女性からは、次のような子供の幸せを第一に考えた声が多く寄せられました。

「お金がないと、子供は育てられないと思う。子供だってかわいそう」

「親が子供に与えられる最大の物は愛情以外には教育だと思います。貧困ゆえに教育も満足に受けさせられない親は、もはや親ではないと思う」

「子供に罪はないので、自分で幸せに出来ないのなら産む資格はないと思います」

母性本能からか、優しさ溢れる意見ばかり。その次に、お金や計画性に触れたものが44人中8人という結果になりました。

■貧乏でも子供を産むことに共感できない男性の声

そして「共感できない」と答えた男性からは、次のような収入面や計画性などの外部要因に触れた意見が届きました。

「子供を産むのならお金がある時に産むべき」

「共感は出来ないが、ただ国も助成していくべき」

「現在では、親の収入が子供の将来を決める大きな要因になっているから」

「(計画性のない)ビッグ・ダディとか、バカなの?」

女性は生まれてくる子供が嫌な気持ちにならないことを第一に考えた上で、そして男性は社会環境や生活環境を見通した上で、「貧乏でも子供を産むことに共感できない」という感じですよね。

単に「貧乏でも子供を産むことに共感できない」という男女で一致した意見でも、中身を見ればまるで違う男女の考え方。だからこそ、男女は助け合って子育てをしていけるのかもしれませんね。

さて、みなさんは貧乏でも子供を産もうとすることに共感できますか? ぜひご意見をお聞かせください。

(文/西山雄貴)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月15日(月)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事