これで約束をドタキャンしなくて済む!突然の金欠を防ぐ方法5つ

  • LINEで送る
2015.02.16

shutterstock_201082694

デートは張り切るのに、同性の友達との約束は平気でドタキャンする人、いませんか? 突然「ごめん! やっぱり明日の約束なしで!」なんて言われたら、頭にきますよね。

こんな経験が筆者は何度もあるのですが、逆にドタキャンをしてしまう人は、一体どれくらいいるものなのでしょうか?

気になって、アイブリッジ株式会社の『簡単アンケート』で調査してみました。

30代の男女100人に質問したところ、なんと12人は「ドタキャン経験あり」と回答! やっぱり意外と経験者はいるんですね……。大体10人に1人とは多いですよね。

そこで今回は、アンケート結果と一緒に、自分自身がそんなドタキャン野郎にならない方法についてご紹介したいと思います。

■ドタキャンの理由は“体調不良と金欠”だった!

100人中12人のドタキャン経験者にその時の台詞を聞いたところ、主に体調不良と金欠を理由に断っていました。

「“頭痛がひどくて……。ごめんね、また今度遊ぼう”と言ってしまった」

「“ごめん、何か体調悪い”の一言」

「風邪ひいたふりと、ありもしない法事を理由に断った」

「素直に“金欠だ”と伝えた」

「パチンコで負けて貧乏になったから」

「“お金がないから”と言いました」

体調はまだしも、金欠ってひどいですよね! こんなことを続けていたら、友達をなくしそうです。独身であれば、将来きっと結婚式に呼ぶ人がいなくて困ることでしょう。

■金欠で友達との約束を断らなくて済む方法5つ

それでは、事前に預金残高を確認しておらず「明日の約束、やっぱり行けない!」とならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

筆者は、ファイナンシャルプランナーでも瀬戸内寂聴先生でもありません。下流社会の申し子ですが、質素倹約を心がけて生きてきた見地から、お金の使い方アドバイスをお送りしたいと思います。

(1)基本的に肉は鶏肉にする

鶏むね肉だと100gは48円。もも肉でも100gは80円くらいで買えます。牛とか豚とか忘れてください。節約の定番です。

(2)物は買わない・置かない・貰わないようにする

筆者にはコレクション癖があります。こいつと戦うのは厄介です。極力買わないことです。

部屋が狭くなります。貰うのも危険です。貰った物を処分するのにも意外とお金がかかりますので……。物が少なければ、引っ越し時に業者を呼ばずに済みますよ。

(3)転売グセ・差し上げグセをつける

基本、読み終わった本はアマゾンへ出品。要らない物はヤフオクやリサイクルショップへ。欲しがる人に差し上げるのもいいでしょう。後者はもれなく信頼度が上がります。

(4)家で呑んで、食べるようにする

外食は禁物です。筆者、飲食業の経験もありますが原価計算したら、家で作った方がコスパがいいです。

お店に行くのは友達と行く時くらいにしましょう。案外、おいしいものはクックパッド見れば簡単に作れてしまいます。

(5)副業を一本やってみる

筆者は副業オタクで、ネット転売、飲食店の覆面調査員、懸賞、NAVERでまとめ作り、株式投資、Webライターなど本業以外(むしろ本業がない/笑)で小銭を稼いでいます。

本業以外の収入のおかげで地獄に仏なんてことはよくあります。

おおよそ30年目に達する筆者ですが年収300万円を超えた事なんかありませんし、これからもそんなに変わらないでしょう。

それなら今の生活水準を維持したままで、友達と遊べる時間があるほうが幸せと考えるほうがずっと建設的。人生を楽しむために、友人の存在も必要です。ぜひ上記の方法でドタキャンを防止してくださいね!

(文/西山雄貴)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月15日(月)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事