毎日幸せ!住むと最高の人生が送れる「魅力的な都市」トップ10

  • LINEで送る
2015.02.19

shutterstock_161176295

人生で一度は暮らしてみたい国はありますか?

みなさんの中には「アメリカに住んでみたい」という方もいるはず。また、アメリカといえば、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなど、有名な場所が頭に浮かびますよね。

それでは、実際にアメリカに住むならどこが良いのでしょうか。住みやすいところ、魅力的で毎日が楽しいところがいいですよね。

そこで今回は『CNN Money』ニュースを参考に、アメリカで住むべき都市トップ10を紹介します。どこに住んでみたいか、ぜひ考えながら読み進めてくださいね。

■1:アトランタ

平均収入:$66,300/平均住宅価格:$166,000/住宅価格成長予測:5.3%

アトランタには、コカコーラ、ホームディポ、そしてフォーチューン500社に入る企業のうちの約12社の本拠地があり、さまざまな雇用のチャンスを提供しています。

また生活費がとても安いのも魅力です。ニューヨーク州マンハッタンの生活費の半分に満たないといいます。

■2:タンパ(フロリダ半島西中部)

平均収入:$56,800/平均住宅価格:$129,000/住宅価格成長予測:6.5%

ビーチ、船遊び、野球を理由に、タンパにやって来る人が多いです。また複数の野球メジャー・リーグチームが春季トレーニングにやってきます。タンパでは、マクディール空軍基地が、長い間、最大の雇用の場を提供しています。

■3:ダラス

平均収入:$69,000/平均住宅価格:$208,000/住宅価格成長予測:4%

ダラスは全米で9番目に大きい都市。テキサス・インスツルメンツやAT&Tなどの多くのハイテク企業が集まっています。また、ダラス北方地域は「シリコンプレーリー」と呼ばれています。

■4:オーランド

平均収入:$58,500/平均住宅価格:$153,000/住宅価格成長予測:2.9%

ディズニーワールド、ユニバーサル・スタジオ、シーワールドなどのテーマパークが勢揃いするオーランドは、観光事業の仕事が多くの新参者を引きつけています。

またそれほど高くない生活費も魅力です。マイアミより約10%低いといいます。さらに冬でも暖かい気候が、退職者やアウトドアを好む人たちを集めているようです。

■5:フェニックス

平均収入:$62,200/平均住宅価格:$187,000/住宅価格成長予測 :4.3%

フェニックスは全米で住宅バブルが弾けた際に、最も下落の激しかった場所の一つです。しかし今ではその状況も良くなってきているため、住宅購入者たちは、低価格な物件を買いあさり始めています。

またフェニックスの最大の雇用主の中には、ウォルマートやインテル、そしてウェルズ・ファーゴ、JPモルガン・チェース、バンクオブアメリカなどの複数の大手銀行があります。

■6:ヒューストン

平均収入:$66,200/平均住宅価格:$190,000/住宅価格成長予測:3.9%

石油産業とガス産業がヒューストンの経済を活発化させ続け、2013年11月の失業率は5.6%にとどまりました。また大規模な新しいエクソンモービルの施設が、10,000人の労働者を雇うと期待されています。

■7:シアトル

平均収入:$86,700/平均住宅価格:$343,000/住宅価格成長予測:5.2%

シアトルは、数々のコーヒーショップに加え、音楽、アートが盛んな都市。またマイクロソフト、アマゾン、ボーイングなど、世界に名を知られる大企業が誕生したシアトルは、世界随一の経済大国です。

■8:シカゴ

平均収入:$73,400/平均住宅価格:$210,000/住宅価格成長予測:2.7%

公園、ミュージアム、夜の娯楽などが魅力的なシカゴは、別名「Windy City(風の街)」と呼ばれてます。

マンハッタンからシカゴに引っ越してくる人々は、日常の買い物価格が約25%安くなり、住宅の価格は何と70%も安くなるといいます。雇用はまだゆっくりですが、2013年11月の失業率は8.1%となっています。

■9:デンバー

平均収入:$77,800/平均住宅価格:$263,000/住宅価格成長予測:2.7%

デンバーは常に、健康的でアクティブな場所の一つにランクインしています。標高が約1マイル(約1600メートル)に位置することから、別名「Mile-High City(マイル・ハイ・シティー)」と呼ばれています。

■10:ラスベガス

平均収入:$63,100/平均住宅価格:$175,000/住宅価格成長予測:5.4%

カジノ、観光事業、コンベンションがラスベガスの経済を支配しています。そして良くも悪くも、不動産です。

多くのサービス業者やエンターテイナー、退職者がいるラスベガスは、不動産の抵当流れ率が高い都市でしたが、それが回復の兆しをみせているようです。

以上、みなさんはどの都市に住んでみたいと思いましたか?

もちろん日本は暮らしやすいですが、海外生活にも憧れますよね。住む場所によって、家賃や物価などは異なりますが、どの都市にも様々な魅力があります。一度、移住を考えてみては?

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

Top 10 cities people are moving to-CNN Money

関連記事