●●人以上はダメ!最新調査で「飲み会を一番楽しめる人数」が判明

  • LINEで送る
2015.02.23

shutterstock_161934605

飲み会は何人で行うのが一番楽しめるのでしょうか。「大勢すぎると騒がしくて落ち着かない!」、そんな“大人数否定派さん”もいれば、「人数は関係ない!」という“何人でもOKさん”まで意見はさまざまです。

そこで、全国の30代男女300人に「飲み会は何人で行うのがベストだと思いますか」と質問をしたところ、男性のベスト人数は平均4人、楽しめない人数は10.1人になりました。

女性ではベスト人数は平均4人、楽しめない人数は平均9.9人という結果に。なんと、男女ともに飲み会は「4人がベスト、10人以上はちょっと……」と思っていることが判明!

あなたもそう思いませんか? 筆者は個人的には納得の結果でしたが……。今回、さらに「大人数で嫌だった飲み会体験談」なども詳しく聞いてみたので紹介したいと思います。

ぜひ飲み会を開くときの参考にしてくださいね!

■大勢の飲み会はこんなところが苦手

「とにかく飲むなら、気の合う仲間と!」と考えている人は多いようです。大勢では気を使う人が含まれていたり、初対面がいたり。なかなかリラックスするのは難しいのかもしれません。

そこでまず、男女別々に「大人数の飲み会の何が苦手ですか」と尋ねてみました。

【男性】

「5人以上になるととても神経を使うので勘弁して欲しい」

「人数が多すぎると収拾がつかなくなる」

「数十人集まるパーティーは挨拶だけでも面倒」

「人数が多いほど、生理的に許せないタイプの混入率が上がる」

【女性】

「話を合わせるのに疲れる」

「騒がしいのが嫌い。人数多いと話が聞こえなくなるし」

「オーダーが通らなかったり、話を把握できなくなる」

「とにかくくたびれる」

基本的には疲れる系の意見が多かったです。ここで目立ったのが「大勢の飲み会には参加しない!」と言いきっている人たち。

その中には「そもそも飲み会自体が苦手」という人も多く、「一人飲みや二人飲みしかしない」とのことでした。

■大人数でイヤだったエピソード

それでは、大人数飲み会で体験した、「これは勘弁なエピソード」とはどんなモノだったのでしょうか。男女別に教えてもらいました。

【男性】

「同じテーブルでも会話が分散して、一緒にいる意味が全くなくなっていた」

「コンパの幹事が自分だけ楽しんで『後は勝手にやって』の態度。さすがに最初だけは全員に話を回すぐらいの気を使えと思った」

「同窓会で、みんなに苦手な酒を無理やり飲まされたこと」

「大人数だと、積極性のない自分はほとんどノリきれない」

【女性】

「騒がしいのが気になって、会話や食事を全然楽しめなかった」

「人が多いと輪に入れなかったりする」

「大勢だと会計や幹事などがとにかく面倒!」

「仕事関係の大きな飲み会。女性はお酒を注ぐ係になり、楽しいことが一つもなかった」

大人数の飲み会は「仲良し友人だけの集まり」とは違い、体力が必要です。体力がないと楽しむはずが、気疲れのみで終わってしまったり……。

ちなみに、「人が多いほうがにぎやかで楽しい」という認識は、全てに当てはまるモノではないようです。

普段は仲良し仲間と自由にお酒を楽しむのが一番! それが一番気兼ねなく過ごせますね。しかし、付き合いの中では「大人数の飲み会」に誘われることもあるでしょう。

コレ、考え方によっては、新たなご縁を呼んでくれる可能性も。気が向いたらチャレンジしてもいいかもしれませんね。

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2015年1月28日(水)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事