危険!社内で異性にセクハラ認定される「視線」の実態が明らかに

  • LINEで送る
2015.02.23

shutterstock_142497655

ついつい見てしまいたくなる、オフィスの素敵なあの人。一度ならずとも、何度も見てしまうことってありませんか?

反対に、今度はふと感じるねっとりとした視線。その視線の先には、なんだかいやらしいニヤニヤした顔……。逆に「わーっ、私が見られてた?」ってなると、気持ちが悪くてたまらないですよね!

……ということは、私が見ちゃってた人も、私のこと、気持ち悪がってたらどうしよう?

そこで今回、300人の男女に「社内で他の社員から明らかに性的な目でジロジロと見られたことがありますか?」と聞いてみたところ、男性17人、女性25人の約14%が見られたことがあると回答!

全体から見ればそんなに多くないとはいえ、地味にはびこる目つきセクハラ! あなたの視線も、もしかしたら勘違いされてるかも?

寄せられたコメントを見てみると、男女で見られ方がビミョーに違っていることがわかりました。反面教師にするために、早速詳しく見ていきましょう。

■男性が女性を見てしまう理由は「たまたま」

女性は、特にセクシーな服装の時に見られているという答えが多かったです。

「上から下までじろじろ見られてイラっとしました」

「背中にスリットが入った服を着ていたら、エレベーターで明らかに背後から視線を感じた」

「胸の形がわかるようなニットを着ていったとき」

「ボディラインがはっきりわかる服を着て講座に行ったとき」

男性は、たまたま「いいの見つけちゃった!」的なノリで、顔だけというより、体全体を想像しながら見ているようです。

その視線が、見られている女性からは、中まで覗かれていような感じがしていやらしく思ってしまうのでしょう。

「そんな目で見られたくない!」と思うなら、オフィスには、おとなしめの服を着ていくのが無難かもしれませんね。

■女性が男性を見てしまう理由は「気になる」

一方、女性は、男性のように性的に「いい体してるじゃん」的に見てしまうということではなく、単純に「その男性のことが気になるから見る! 好奇心で見る!」という感じ。

「ずっと見てくる子がいました。興味がなかったので気持ち悪かったです」

「何か話しかけられるでもなく、ただ単に僕の顔をじろじろ見てきました」

「四六時中チラチラと見られました」

まさに、ストーカーを彷彿させるねっとりとした視線。その視線が見られている男性からは、「いやらしい!」ではなく「気持ち悪い!」と思われてしまうようです。

セクシーな服装を着ているわけでもない男性には「自分がなぜ見られているかわからない」ということもあり、より不審に思ってしまうのかもしれません。

ジロジロと見てしまうことは、本人はうっとりと見ているつもりでも、見られているほうからしてみたら、ただのねっとりとした気持ちの悪い視線です。

またこっそり見ていても、相手にはバレていることが多いもの。何度もチラチラ見るのも、不審に思われてしまいます。最悪、嫌われる可能性も高いです。

「好意があるからつい見ちゃうんだもん!」というのは、こちらの勝手な意見で相手には全く通用しません! 1日の大半を過ごす社内、できるだけ気持ちよく過ごしたいですよね。

でも人間、かっこいいもの、かわいいものをつい見たくなる気持ちはわかります。そんなときは、さわやかに、チラリと、さりげなく。もしくは思いきって話しかけてみるのもいいですね。

くれぐれも、二度見、三度見、ねっとり目つきは禁物ですよ!

(文/猫野うた)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年1月29日(木)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事