男性自身は絶対に気付かない!女性が「男性の嘘を見抜ける理由」

  • LINEで送る
2015.03.15

shutterstock_142820479

嘘をつくには、それなりの事情があるわけですが、やっぱり嘘をつかれるのは、嫌なものですよね。とくに、恋愛中の相手のような親しい関係になればなるほど、感情は乱されがちになります。

そんなときによく聞くのが、「男の嘘はばれやすい」というもの。これって、本当なんでしょうか……。

ということで今回は、30~40代の男性100人に女性の嘘を見抜く能力をどう思っているのか、調査してみました。

意外にも男性たちは、素直に女性に降参しているようです。なんと、65%もの男性が、女性の嘘を見抜く能力の高さを認めていました。だったら嘘をつかないでほしいですね……。

それでは、どんなときに嘘がばれたのか、具体的なコメントを紹介していきましょう。これを読むと、男性は女性の能力をどう思っているのか、本音がよ~くわかりますよ。

■男性はばれるとわかっていて嘘をつく

ダントツで多かったのが、女性の直感力や観察の鋭さを指摘する声です。

「直感の生き物だと思う」

「顔の表情で読まれていそう」

「何気ない目線の動きでばれた」

「普段の仕草の違いでわかる様子」

そうなんですよね。男性も気づいているように、発した言葉(嘘)そのものよりも、言った後の言動が、なんだかいつもと違う、その違和感を女性は敏感にキャッチして、怪しむわけです。

いつもと違う様子がどこからくるのか、さらに男性を観察し続けると、名探偵のごとく「嘘発見!」となるわけです。

ちなみに、男性が自分の気持ちを隠している時も感付きます。本当は好きなことをごまかしていたら、それが女性にはばれていた、というコメントも寄せられました。

「そっけない態度を取っているつもりだったが、気になる人を見抜かれた」

本人は気恥ずかしいでしょうが、周囲はちょっとほほえましく感じる、素敵な嘘ですよね。

また、少数ですが「女性はカマをかけてくるのがうまい」とか「嘘をつくと急に喋らなくなるので、“ばれたな”とすぐにわかる」というコメントも……。

嘘をついた後の彼女の反応がいつもと違うと感じるからなのでしょうか、「こちらはいつもドギマギしてしまう」なんていう素直な声も。

みなさん、わかっていて嘘をついているんですね。それなら、嘘をつくことをやめてほしいですよね……。嘘をつくから「ばれたらどうしよう」なんて、余計なストレスを抱えちゃうわけですから。

もちろん、中には、「彼女には嘘はつけません。大体ばれる」というコメントもありました。

すべての男性は、この男性を見習ってほしいですね。とはいえ、嘘をつきたくなることもあるでしょう。事前に「女性が傷付くような嘘は絶対にダメ」と彼氏や夫にきつく言っておくことも大事です。

■女性が嘘をついた男性にとるべき態度

他には、「電話で話していて、ニュアンスの違いでばれたときはホントにびっくりした」という、超人的に勘のよい女性もいました。

けれども、心理学では、誰かとコミュニケーションをするとき、仕草や目線、声のトーンなど、言葉以外の表現が、伝えたいことの約7割を相手に伝えていると言われ、言葉のやりとりで伝わることは3割程度しかありません。

つまり、言葉で「愛している」と言っても、声がうわずっていたり、表情が曇っていたり、目線がキョロキョロしていたりすると、言葉がとっても薄っぺらく相手に響いてしまい「言っていることと、やっていることが違うんじゃない」と感じる、ということ。

こういう感覚は男女問わず、誰にでもあるもの。それなのに、男性の嘘がばれやすいのは、男性はひとつのことに集中するとほかに気が回らなくなる傾向にあるから。

ひとつ嘘をつくと、いろいろアリバイ工作をしなくてはならず、どこかからほころびが生じてくるものですが、それを隠すのが、男性は下手なのです。まさに、頭隠して尻隠さず。

しかし女性は、男性の嘘を見抜いたとき、怒りに任せて詰問するのは控えましょう。抑えられない気持ちはよくわかりますが、問い詰めても男性はだんまりを決め込み、険悪な関係は悪化するばかり。

嘘をつくことはダメですが、女性のみなさんはぜひ自分のために、怒り心頭になる前に、冷静さを取り戻しましょう。

とくに、嘘をついてしまった男性が大切な人であるなら、どうして嘘をついたのか、背景をちょっとだけ思いやってみませんか?

感情をぶつけるだけでなく、どうして悲しいのか、どうしてほしいのか、具体的なことを伝えるほうが、男性は受け取りやすいです。それでも、「絶対に許せない~!」となるなら、お別れしましょう。

彼の人間性を判断するいいタイミングだったと思って、新しいスタートを切るのも悪くない選択です。

(文/山本裕美)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月20日(土)

調査対象:全国30~40代の男性100名

関連記事