夢が壊れて超ガッカリ!憧れの人に「幻滅してしまった瞬間」4つ

  • LINEで送る
2015.03.18

shutterstock_206254474

男女関係なく、「あの人素敵だな」って憧れること、ありますよね。外見だったり雰囲気だったり、理由は色々だけど、自分には持っていない魅力に惹かれてしまうんですよね。

でも、そんな憧れの人だからこそ、自分が思っていたのと違った態度を見てしまうと、思いきり幻滅して、あっという間に嫌いになってしまいませんか?

そこで、男女300人に憧れの人に幻滅した経験を調査してみたところ、約13%の人が「ある」という結果に!

つまり、およそ8人に1人の割合で、「勝手に憧れておいて、勝手に幻滅してしまってごめんなさい!」をしていたのです。

憧れの人と言っておきながら、ちょっと多い気もするのですが……。もちろん、憧れられた人も迷惑な話です。しかし、せっかく憧れられたのだから、ずっと憧れられる存在でいてほしかった!

ただ、「憧れの人を嫌いになってしまうなんて、よっぽどのことを見てしまったのかな?」と思いきや、ほんのささいなことで嫌いになっているということがわかりました。

今回、アンケートで寄せられたガッカリ言動を4つにまとめてみたので、ぜひみなさんも思い当たることがないか当てはめながら読んでみてください。

■1:態度がでかくて幻滅

男女ともに、人によって態度を変える人は嫌われますよね。いくら憧れの人だって例外ではありません。

「イケメン、高身長で、後輩に慕われていた先輩だったが、居酒屋の店員に横柄な態度を取っているのを見て冷めた」

「公衆の面前で、平気で横柄な態度をとる」

「家族思いで愛妻家だと聞いていたが、実際に奥さんに対する態度が違っていた」

自分より立場の弱い人に対してこそ、謙虚で優しい態度を取らなければ、憧れの人になる権利はないのです!

■2:だらしなくて幻滅

あと、だらしないところも、憧れの人とか関係なく男女定番の幻滅ポイントです。

「口が臭かった」

「近くでみたらブツブツが激しかった」

「身だしなみがだらしなかった」

人として清潔にするのがいかに大切か思い知らされますね。今日からでも、すぐ気を付けることができます。

■3:ダークサイドに幻滅

とくに女性に多かったのが、この意見。ブラックな一面が見えると幻滅しますよね!

「賭け事が好きだったり酒豪だったり」

「言葉使いが汚かったとき」

「道端で唾を吐いた姿を見てしまった」

「人前でタバコを吸っていた」

「スポーツ新聞を一生懸命に読んでいた」

本人は大して悪いと思っていないんだろうな~。けれども、ギャンブルもスポーツ新聞もたいていの女性には理解しがたいことですよね。

ましてや、おじさんのようにペッペッと道に吐かれてはたまったものじゃありません。男性から見ると、女性が電車で化粧することなんかが、こういうダークな態度にあてはまるのではないでしょうか?

■4:性格が悪くて幻滅

最後は、性悪な一面が見えて幻滅、というもの。せっかく外見がいいのに、ホントもったいない!

「イケメンで優しいのに、ものすごくケチだった」

「思っていたより性格が悪かった」

「見るたびに助手席に女性が違った」

とはいえ性格は、見るだけじゃわかりませんよね。

でも、憧れの人を嫌いになったことがないと答えた人の意見の中には「憧れている人と嫌いになるほど接していません」や「憧れのまま会わなくなった」というのがありました。

確かに、遠目でいれば、よいイメージのままかもしれませんね。それはそれでちょっぴり寂しい気もしますが……。

しかし今、もしあなたが憧れられていたら、遠くからでも近くからでも幻滅されるわけにはいきません!

憧れられている場合、やることなすこと、普通の人よりもハードルが上がっているし、期待も大きいのです。期待にぜひ答えるべく、魅力的な人でいようではありませんか。

肩肘はる必要はありません。人として常識をもった行動を常日頃から行っていれば、幻滅されることはないのではないでしょうか?

それと、「憧れられている!」とあえて自分で意識すれば、自然と言動を気にするようになります。

誰がどこで見ているかわかりません。昼休み後、オフィスに戻る前に簡単な身だしなみチェックや歯磨きをするだけでもだいぶ違います。

また、思ったことはノートに書くなどして、感情をいったん整理するのも、外にイライラをみせない工夫になります。

あなたに憧れている人を幻滅させないように、自分が見てガッカリするような言動はとらないようにしてくださいね。

(文/猫野うた)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2015年2月25日(水)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事