アンケートで節約好き派が教えてくれた「外食代が減る方法」4つ

  • LINEで送る
2015.03.20

shutterstock_2116576

外食代、意外に大きな金額になっていませんか? 外で食事をすることは楽しいし、いい気分転換にもなります。しかしその分、出費もかさみますね。

そこで、全国の30代の男女100人に外食代の節約について、調査してみました。すると、43%が「何もしていない」と回答。節約しているのは、57%。半数以上が節約を意識している結果に!

外食代ばかりしていたら、いくらお金があっても足りないですからね……。それでは、みなさんは外食の節約をどのようにこなしているのでしょうか。4つにまとめたので、詳しくみていきましょう。

■1:クーポンやポイントカードを使う

「クーポンを使えるお店しか行かないようにしている」

「クーポンサイトで割引チケットを購入」

「できるだけポイントカードでポイントを貯めて利用」

「金券ショップやネットオークションでクーポン券を手に入れる」

最近はクーポンサイトが人気ですね。その他、ホームページや店の情報サイトなどにも割引チケットが載っていることもあるので、賢く利用したいです。

■2:サービスデーやお得な時間帯に行く

「サービスタイムのお得な時間帯にレストランに行く」

「平日ランチタイムの価格は最強」

「誕生月など、いろいろサービスしてくれる期間に行く」

「●●デーはトッピングが無料、などのお得な日を狙う」

ディナーと同じメニューがランチタイムでかなりお得に食べられる店も。要チェックです。また、サービスデーも有効に使いたいですね。

■3:外食の月間上限回数や金額を決める

「外食は月1回だけと決めている」

「外食は月に1万円以内、クレジットカード支払いでポイントも貯める」

「外食する回数を少なくするのが一番、うちは週一まで」

「安いメニューを頼んで、月8,000円まで」

自分で「外食費は月にいくらまで」と決めておくのもひとつの手。自分の生活費と相談です。

■4:そもそも外食しないよう努力する

「なるべく家で外食気分を味わえるようにする」

「節約のためにはガマンする」

「食費にはあまりお金をかけないようにしている」

「外食が好きではないので全然平気」

ただ単に「外食をしないようにする」と言っても、外食好きな人とそうではない人ではガマンの度合いも異なりそう。臨機応変にいきたいところです。

ちなみに今回のアンケートでは、「外食禁止をひとつの節約と考える人」は全体の5%、「そもそも外食しないので、これを節約と考えていない人」は全体の10%という結果でした。

外食好きな人は、完全に止めてしまうのはキツイかもしれません。その他の方法で上手に節約できればいいですね! ぜひ参考にしてみてくださいね。

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月25日(木)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事