期待はダメ!日本人の3人に1人は「ガッカリ合コン」餌食だった

  • LINEで送る
2015.03.29

shutterstock_45366211

楽しい出会いの場になるはずの合コン。しかし、必ずしも満足できるとは限りませんよね。

そこで全国30代男女300人に「合コンでガッカリしたことはありますか?」質問してみました。すると、300人中106人が「ある」と回答!

これはつまり、3人に1人が合コンの帰り道、肩を落としているということです。

できるだけガッカリしない、むしろ楽しめる合コンにするために、自分ができることは実践してみませんか? 今回はアンケートでわかったガッカリ合コン対策をご紹介します。

■ケチケチ男性にウンザリの女性陣

合コンで気になるのは、お会計ではないでしょうか? 日本では「男性が女性におごるもの」という文化が根強いため、女性はケチな男性にガッカリしています。

「当然おごりだろうと思われる年齢差だったのに、ケチだった」

「割り勘ねってことあるごとに言われたこと。帰りたくなった……」

男性陣には酷なことかもしれませんが、これが現実です。男性のみなさん、多少見た目に自信がなくても、気づかい次第で振り向いてもらえる可能性はグンと上がります!

全額は厳しくとも、多めに支払ってほしいのが女心というものです。そして、女性はおごってもらったら、きちんとお礼を伝えましょうね!

■品定め女性にムカついている男性陣

外見や肩書きは、どうしても気になるもの。しかし、下心を抱きすぎるのは禁物です。隠せていると思っていても、実はバレていますよ!

「某生命保険会社様の誘いで、合コンをすることに。女性陣は、皆その某生命保険の社員らしいが、どうみても、真中にいる子が先程から携帯メールばかりしている仕草が目につく。

どうやら両サイドの子にサインをおくっているようだ。また、明らかに乗り気ではない感じ&手慣れた感じだったので、ガッカリした」

どんなに可愛くてもこういった態度は、相手の気分を悪くしますよね。

多少の下心(玉の輿に乗りたいとか)はあったとしても、目の前の相手をきちんと見るようにしてくださいね! そうすれば、合コンでの出会いが人生を変えるかもしれませんよ!

■男女両方の「これはやめてほしい!」

失敗合コンの悲痛な叫びは、こんなところにも。

「合コンに参加しているのに彼氏がいるとわかったとき」

「公務員と合コンと聞いていたのに、1人も公務員はいなかった。しかも彼女もちばかりだった」

数合わせで1人くらいパートナーもちがいることも想像しておくこと! だけど、パートナーもちばかりだと、ちょっとがっかりですよね。幹事さんがしっかり管理して、楽しい会にしたいものですね。

さらに、こんな事態も発生!

「女ばかりで盛り上がっていた」

「男同士でつるんでいる連中。だったらこんなところに来るなよ。好みの女がいないとなると酷いもんです」

せっかく一緒に過ごすのだから、楽しい会話もしたいですよね。もし、恋人まで発展しなくたって、飲み友達になれるかもしれません。

仲間内だけで盛り上がるのではなく、楽しむ気持ちを持って初めましての人たちを巻き込んでいきましょう!

合コンは、交友の輪を広げるという広い気持ちで参加すると案外楽しいものですよ! まずは、自分が楽しもうとすることが大切です。そうすれば、自然とガッカリ合コンの回数も減ってくることでしょう。

そして、明るい雰囲気のあなたに惹かれる異性も登場!? 楽しもうという気持ちさえあれば、パートナーもGETできるかもしれませんよ!

(文/乙女ライオン)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2015年2月25日(水)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事