最新調査でわかった「社会人になってから友達が減る4つの原因」

  • LINEで送る
2015.03.27

shutterstock_213932554

突然ですが、今あなたには何人の友達がいますか?

学生時代はあんなに友達中心の生活だったのに、社会人になった今、あらためて携帯の連絡先を見ると、なんだか音沙汰なしのお久しぶりの名前が並んでいて、ちょっとセンチメンタルになったりしますよね。

筆者などは、メールやLINEで送られてくるものを含めても、年々確実に減る年賀状に、元旦から地味に傷つくのが恒例となっています。

そこで今回は、男女300人のみなさんに「社会人になってから友達は減りましたか?」と心の痛い質問をぶつけてみました。

すると、ちょうど半分の50%の人が減ったと答えたのです! しかも男女比率も50%というちょっとしたミラクル。

遠くの親戚より近くの友達という言葉もあるくらい、友達は大切なはずなのに、この数字ちょっと多すぎやしませんか?

これは大変!ということで、次から、減ってしまった原因と今後減らさないための対応策を書きましたので、心して読んでいただき、ぜひぜひ参考にしてみてください。

■1:仕事が忙しくて時間がないから

「仕事が忙しくて遊びに誘われても断ることが多くそのうちに誘われなくなった」

「仕事が忙しくて休みの日は疲れて友達と会わなくなった」

「忙しい状態が続き、気がつくと疎遠になっていた」

これは男性にダントツの意見でした。気がついたときには時すでに遅し、いつの間にか友達を失っているパターンです。

プライベートより仕事を優先してしまうのは、社会人ならいろんな事情もあり仕方のないことかもしれません。

特に、「会社に一生尽くします!」の真面目な日本人、急に遊びを優先するというわけにはいきませんが、たまにはくすんだ仕事場から飛び出して、友達と会うことで、新たな刺激があり、見えなかったアイデアが浮かぶことがあるかもしれません。

また、思ってもいなかった仕事でのつながりができたりするかもしれないので、仕事が忙しい時こそ、息抜きがてら連絡してみましょう。

■2:家族ができたから

「家庭を持つと遊ぶ時間がない」

「子どもが生まれて時間がなくなってしまった」

「結婚した友人はなんとなく疎遠になっていった」

こちらは女性に多い意見でした。

家族が増えると友達が減る、なんとも悲しいパターンです。結婚すると、独身のときのように自由に行動できない、ましてや子供がいるとなかなか外出できないなど、友達と時間を合わせるのは難しいですよね。

でも、新しい家庭環境になったからこそ、昔からの友達は心強い存在です。子供のいる友達のおうちに遊びに行ったり、昼間の出かけやすい時間の待ち合わせにしたり大変なほうに合わせてあげるといいですね。

■3:休みが合わないから

「休みが不規則で友達と合わず、いつの間にか疎遠になった」

「変則勤務でカレンダー通りに休めず、友達と遊びに行くのが減った」

「それまでの友人と休みのタイミングが合わずなんとなく疎遠に」

会おうという意思は感じられるものの、不可抗力により自然に友達と消滅するパターンです。

世の中にはいろいろな需要があり、それに合わせて仕事の時間もたくさんあるので、これはいたしかたのないことですよね。

でも、それでめげてはいけません。おすすめとしては、毎月でも2ヶ月に1度でも年に何度か、定期的に●日は必ず会おうと予定しておくのです。

そうすれば、お休みをもらう目安になります。そして重要なのは人数が揃わなくても中止にしないこと。

来れる人だけでもいいのです。2人の場合は、会えなくなっても、その日、必ず電話で話すなど、決めておけば、消滅することはないはずです。

■4:住む場所が変わったから

「転勤になり遠方になった」

「学生時代の友人は地元に就職しており、会う機会が激減した」

「海外勤務になったことがあり昔の友達とは疎遠になった」

長距離が友達との距離も長くしてしまったパターンです。

もうこれは、とにかくメールやLINE、Facebookなどでまめに連絡を取るしかありません。「絶対失いたくない!」と思ったら、同窓会の発起人にでもなる勢いで積極的に自分から動きましょう。

でも友達が減っていないという人が50%もいたのも事実です。

その人たちの意見の大半が「社会人になって新しく職場の友達ができた」「学生時代の友達は増えたが社会人になって増えたので変わらない」ということでした。

自分の置かれた場所で柔軟に、前向きに友達を作っていくところはぜひ見習いたいですよね。

あらためて、友達は大事にしましょう。会わなくても、連絡をとっているだけで全然違います。つながっていることが重要なのです。

そして、これから、素晴らしい友達になっていくかもしれない新しい出会いも大切にしていけば、減るどころか増えていくかもしれませんよ!

(文/猫野うた)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2015年2月25日(水)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事