「憎い相手は一生許せない」が65%!恐怖の怨念系男子の特徴3つ

  • LINEで送る
2015.03.27

shutterstock_111790253

人間誰しも、人生で「絶対に許せない!」と誰かを恨んだ瞬間はあるもの。

それが、兄弟がお菓子を食べちゃったみたいな小さいことならすぐ忘れるけれど、すぐには相手を許せないような苦しい経験もありますよね。

それでは、みんなは傷を癒すのにどれくらいの時間が必要なのでしょう?

今回は、嫌な経験をした相手を許せるようになるまでの時間について調査しました。すると、相手を許せるようになるまでに平均5.5年間も時間を要することが判明!

こんなにも長く誰かを許せないまま過すなんて、悲しいくらい深い傷です。そして、許せない感情に関する男女の違いも明らかになりました!

ハッキリ言って男、恐怖です。そこで、ヤバい男を見抜くヒント3つも併せて、気になる中身をご紹介します。

■男子は女子と違って死んでも許さない

嫌なことをしてきた相手を許せるか許せないかの結果は、圧倒的に「許せない」が上でした。

「許せる」・・・35%

「許せない」・・・65%

しかし、許せる人のうち、「すぐに許せる」と答えた人は僅か11%でした。誰かから受けた傷から回復するのがどれだけ難しいかということが分りますね。

そして、「許せない」と回答した人の感情には、男女で決定的な違いがあることが判明しました。これ、ちょっとサスペンスな恐怖です。

女性から寄せられたコメントは、「一生。何年経とうが許さない」「死ぬまで。絶対無理」「死ぬまで許さない。ふだん態度に出さなくても、根には持っている」など。

男性から寄せられたコメントは、「死んでも許せない」「100年。許すことはない」「1万年。死んでも許さない」「永遠に無理。故意にされたことは許せない」など。

つまり、死ぬ“まで”許せない女性に対して、死ん“でも”許さない男性!

どうですか? 筆者はこれを読んだとき、思わずブルブルと震えてしまいました。しかも、「ずっと絶対に許さない。いつまでもネチネチ言う」なんて回答もあって、男性の怨念度の高さに驚くばかり……。

しかし、許せる割合やその時間などには男女の差は見られませんでした。

もちろん、壮絶なイジメや裏切り、モラハラなどの経験は死んでも許せないレベルで当然ですが、純粋な怨念系男子については、深入りする前に早々と見抜きたいものですよね。

そこで、ヒントになるかも知れない怨念系男子の特徴を3つご紹介します。次のような傾向が見られたら、距離をおきましょう!

■世にも恐ろしい怨念系男子の特徴3つ

(1)「やってあげるよ」な上目線

親しくない頃に優しく頼りになる人はついホロっとしちゃいますね。でも、親切をしてくれた時のひと言に注目です。

「~してあげるよ」「やってあげた」など、“ほどこし”的な言い回しをする人は、怨念男子の可能性あり。

彼らはプライドが高く、感謝などの見返りを期待しておりスルーされると気分を損ねます。 「僕は●●してあげたのに、裏切られた」などの展開になりがちで、モラハラ夫になる可能性も。

(2)注目の人より影の人を応援する

例えばスポーツで、花形選手よりも目立たない選手を労う人は注意です。

もちろんそれは良いことですが、応援しながら、「注目されなくて可哀想」とか「花形選手ばかりズルい」などのニュアンスが入るとアウトかも。

常に人を嫉妬したりやっかんだりとイジけた性格の可能性大! 同じく高学歴タレントや二世タレントに対する反応が悪いタイプも要注意です。

(3)悪い教師や上司などの話をする

「昔、担任に誤解されてヒドイ思いをした」とかパワハラ上司のエピソードなどが頻発するタイプも危険です。

面白オカシナ話しっぷりでも騙されないで! 自分の行いは棚に上げて、気の毒な自分をアピールせずにはいられない性格。

基本、相手が悪くて自分は可哀想という構図しか持ち合わせていない自己中心的な怨念男子の可能性があります。

いかがでしたか? 人を許せない気持ちは苦しいですもの。そんな思いはしたくないし、誰かにさせたくもないですよね。人への思いやりを忘れたくないですね。

そして、怨念男子には要注意! 面倒なぬかるみに足を取られないように、見抜いて交わして楽しい毎日にしたいですね。

(文/茶柱ズバ子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月22日(月)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事