年収1000万円でも払えない!世界で最も学費が高い大学トップ10

  • LINEで送る
2015.04.01

shutterstock_147574811a

みなさん、自分の卒業した大学の授業料を知っていますか?

日本の大学だと大体、授業料は1年間で50~100万円くらいです。もちろん、国公立か私立かで大きく違います。しかし、医学系じゃない限り300万円以上することはありません。

そのため、世帯年収が500万円ぐらいの家庭であれば、何とかやっていけるでしょう。しかし、世界にはとても一般家庭では支払えないくらい授業料が高い大学があるのです!

将来、自分の子供に最高の教育を受けさせたいと思うなら、知っておいて損はありません。『DailyEntertainment.me』が発表した「世界で最も授業料が高い大学トップ10」を見ていきましょう。

■10位:バード大学(1年間で687万円)

ニューヨーク州にあるバード大学は、1年間だけで57,500ドル(687万円)がかかります。スポーツ系の施設が充実していて、サウナまで用意されている大学です。

■9位:シカゴ大学(1年間で687~693万円)

シカゴ大学は、高等教育の機関として素晴らしく長い歴史があります。1889年に創立され、それから世界中の学生がこの大学に進学し、多くの上質な授業を受けています。

受講料は1年間だけで57,500~58,000ドル(687~693万円)です。シカゴ大学は“シカゴ学派”を世に発信している世界一の学術校として知られています。

■8位:ドレクセル大学(1年間で693万円)

フィラデルフィアを拠点とするドレクセル大学は「プライベートな研究が可能な大学」との評判を受けています。

ここまでの3つの教育機関はほぼ同ラインにあり、1年間の受講料は58,000ドル(693万円)です。

■7位:ダートマス大学(1年間で693万円)

おそらく多くの方がダートマス大学という名前に聞き覚えがあるでしょう。映画『アニマル・ハウス』の舞台になった大学です。

ニューハンプシャー州にあるこの大学は、1年間の授業料は58,000ドル(693万円)になります。

■6位:クレアモント・マッケナ大学(1年間で693万円)

カリフォルニアにある大学が6位にランクしました。ここまでで、アメリカの西海岸と東海岸の半々の戦いのようになってきました。

クレアモント・マッケナ大学での1年間の授業料は、58,000ドル(693万円)です。

■5位:ウェズリアン大学(1年間で693万円)

ニューヨークシティからもそれほど遠くなく、コネチカット州のミドルタウンにウェズリアン大学はあります。

「プライベートな文化系大学」と知られ、1831年創立の歴史ある大学で、ここでの1年間の授業料は58,000ドル(693万円)です。

■4位:コロンビア大学(1年間で705万円)

またまたニューヨークにある大学がランクインしました。コロンビア大学の授業料は、1年間だけで59,000ドル(705万円)になります。

■3位:ハーヴェイ・マッド大学(1年間で705万円)

名前に笑わないでください。まるでパブの名前の方があっていそうな大学名ですが、カリフォルニア州クレメントにあるこの大学も高等教育を求める学生にとってはトップクラスの大学のひとつです。

ハーヴェイ・マッドの門を叩くには(勉強するにも)平均で年間59,000ドルが必要です。

■2位:ニューヨーク大学(1年間で717万円)

高等教育の学位を求めてお金を払うなら、やはりニューヨークは魅力的な都市のようです。ニューヨーク大学はニューヨークシティのグリニッチヴィレッジにあります。

ここで勉強するには1年間だけで60,000ドル(717万円)が必要です。

■1位:サラ・ローレンス大学(1年間で729万円)

ハーバード、イェール、オックスフォードのように知名度はないかもしれません。ただここの受講料から考えれば、そこまでの大金を払うだけの価値があるのです。

1年間の授業料は61,000ドルで、ニューヨークのヨンカーズにこの大学はあります。ニューヨークシティからもすぐの郊外です。

例え、年収1,000万円の家庭でも、年間687~729万円の授業料は厳しいですよね。しかし、もし自分の子供に最良の教育を受けさせる経済的な余裕があるのならば、世界で一番高い大学への進学も選択肢に入れてみては?

(文/水野渚紗)

 

【参考】

10 Most Expensive Colleges in the World-DailyEntertainment.me

関連記事