要注意!オシャレなカフェに入ってガッカリした人は●●%と判明

  • LINEで送る
2015.04.02

shutterstock_192910613

外観がオシャレなカフェ、最近はよく見かけるようになりましたよね。しかし、実際行ってみると「見かけ倒しだった!」「騙された!」ということも……。

そこで今回は、全国の30代の男女300人にガッカリなオシャレカフェの利用経験を調査してみました。すると、「ある」と答えた人は全体の39%という結果に……!

見かけ倒しのカフェ、相当多いようです。しかも男女別だと男性は31%、女性はなんと約半数の47%もいました。中には、「もう絶対行きたくない!」と怒り心頭な人もチラホラ。

では、一体どんなところがダメだったのでしょうか? お金を払う以上、うっかり騙されたくないですよね。アンケートで寄せられたガッカリカフェエピソードを見て、反面教師にしていきましょう。

■女性の約半数が経験している“ガッカリ体験”とは

女性はカフェ好きな人が多く、一人でランチしたい時も気軽に入れるので大人気ですよね。

しかし、外観に騙されて“ガッカリした体験”もそれなりに多く寄せられています。どうやら、オシャレカフェは当たり外れが結構大きいようです。

「外観はきれいだったが、中はホコリまみれだった」

「メイン料理の小ささにびっくりした」

「トーストセットを頼んだら、トーストがどう見てもヤマザキのダブルソフトだった」

「高価なのに、メニューは冷凍丸出し」

「オシャレカフェに入ったら半営業状態で、半分のテーブルに椅子がのっていて床にはゴキブリの死骸が落ちていた。一口飲んで出ました」

いくら外観がオシャレでも、店内がキレイかどうかまではわかりません。ホコリだらけだったり、ゴキブリが落ちていたりなんて論外ですよね。「二度と来ないぞ!」と叫びたくなってしまいます。

女性はイメージに左右されがち。それで実態を知ったときの失望度合いが男性よりも高いので、雑誌やネット上の写真だけで判断しないようにしましょう。

■カフェ好きな男性も苦い思いを経験していた!

男性の場合、一人の食事は牛丼店等どこでも入りやすいので、カフェは休憩時に使う人が多い様子。

女性よりも需要は少ないかもしれませんが、初めて行くオシャレカフェで苦い体験をした人は31%もいました。男性の場合、「料理が少ない、写真と違う」といった意見がかなり多かったです。

「料理がすごく少なく、しかもまずかった。“これで1,000円なんて最悪だ”と思った」

「タバコ臭すぎて頭痛がしてきた」

「メニューの写真と全く違う内容を出された」

「店員の接客が非常に雑だった」

「ネットの口コミ評判がいいので入ったら、値段に見合わないボロ料理に唖然。経営者が若い子で、どうやらネットの書き込みも自作自演だった様子」

また、口コミは店によっては自作自演の場合もある、とのこと。せめて、客の期待を裏切らないような内容を出してほしいものです。

その他の意見では、「料理がまずい&店内が不潔なカフェは、人がいつもいない」というものがありました。立地等にもよるでしょうが、一理ありますよね。

そのため、気になるカフェは人の出入りをチェックしてみるのも手でしょう。

ただ、個人カフェで混んでいる店は案外少ないもの。窓から店内をのぞいてみて、中の雰囲気も素敵であれば、チャレンジしてみるのもいい社会勉強になるかもしれません。

今回のアンケートから、カフェはイメージだけで判断するのは軽率だということがよくわかりましたね。入る前は必ず調べておくこと。一面で判断しない。これだけは頭の中に入れておきましょうね。

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2015年2月25日(水)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事