悪習慣がバッサリ断ち切れて人生がシンプルになる「4秒ルール」

  • LINEで送る
2015.04.03

shutterstock_123520309

忙しい日々を送っていると、悩むことや判断しなければいけないことがたくさんありますよね。しかし、たまに選択肢を間違えて後悔してしまうことも……。

もし、この記事を読んでいるあなたが最良の決断ができるようになりたければ、行動を起こす前に4秒間だけ呼吸してみてください。

これは、ベストセラー作家であり、CEOなどにアドバイスを行う戦略コンサルタントであるピーター・ブレグマン氏が、新書『4 Seconds』内で伝えているメッセージ、通称4秒ルールです。

今、英語圏で話題になっているこのルールは、実践すると判断力が高まり、家庭内の人間関係も大きく変わっていくそうです。興味深いですよね。

そこで今回は、この4秒ルールの詳細をご紹介したいと思います。

■4秒ルールを試すと別視点に気付ける

まず、ブレグマン氏曰く、正しい決断を下して人生をシンプルにする秘訣とは、行動を起こす前に、常に4秒ほどかけて1回呼吸をすることなのだとか。

非常に単純な話ですが、深呼吸と一緒で、一息つくことで冷静さを取り戻し、最善の選択ができるようになるのです!

ただ4秒間、息を吸って吐くことで、自制心も働いてきます。また、自分の行動に疑問を持つ機会ができます。それで、よい結果をもたらしてくれるのです!

瞑想したことがある人ならすでにお気付きかもしれませんが、不必要な思考が頭の中に浮かび、心の平和が邪魔されてしまうこと、ありますよね。

ブレグマン氏によると、毎4秒ごとに新しいアイデアが浮かんでくるそうです。脳がこんなに気が散っていたら、正しい決断なんて難しいですよね。

しかし、この4秒ルールを試すと、衝動的な行動をとると、うっかり破滅的な道に行きがち、ということがしっかり認識できます。また、4秒間の中で、別の視点から対処しようと考えられるようにもなるのです。

■メール送信前も4秒ルールは効果的!

4秒ルールは、判断ミス防止だけでなく、良い決定の邪魔になる悪習慣を自覚することにも役立ちます。

そのため、メールのやりとりにも効果的です。例えば、相手とのメールがヒートアップしている状態のときは、返信する前に4秒ルールを試しましょう。「1、2、3、4」と数えながら呼吸するのです。

すると、怒りをおさえることができます。ただ思考停止をするのではなく、4秒間という時間をしっかり意識してみてください。また、生産性を高めるために、メールのチェックは1日に数回だけにするのもいいですよ。

本当に、たった4秒、呼吸するだけ。これならすぐに、誰でもできますよね。普段の生活の中で、ちょっと判断に迷ったとき、冷静になりたいとき、ぜひ4秒ルールを試してみてくださいね。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

The four-second rule that could change your life: An ingenious new book teaches you to break bad habits in a trice-Daily Mail Online

関連記事