アンケートで節約好き派が教えてくれた「水道代が減る方法」4つ

  • LINEで送る
2015.04.06

shutterstock_173980028

みなさんは自分の家の水道料金はチェックしていますか。水を使う量は自分の工夫次第では節約できるもの。できるだけ料金を安く、そして節水で地球にも優しい生活できれば一番ですよね。

今回、全国の30代の男女100人に水道代の節約を心がけているかどうか質問したところ、58%の人が「はい」と答えました。逆に、約4割の人はまったく気にしていないようでちょっぴり驚きです。

それでは、このアンケートで聞いた水道代の節約方法を紹介します。自分の生活に取り入れられるものがあれば、参考にしてみてくださいね。

■1:お風呂での節水方法

まずはお風呂から。風呂の残り湯を洗濯に使う意見が多く見られました。

「風呂の残り湯を洗濯に使う」

「家族みんなで一緒に入る」

「シャワーが温まるまでの水はバケツにためて洗濯に!」

「節水型のシャワーヘッドに変えた」

また、最近は節水型シャワーヘッドの種類も増え、かなり人気があるようです。年間2万円の節約になるそうなので、2,000円くらいの安物も侮れませんよ!

■2:トイレでの節水方法

次はトイレ。意外とみなさん、水道代を気にして使い方を工夫していることが判明。

「外出時、コンビニトイレに行ってから帰宅。トイレの回数を減らす」

「トイレはいつも小で流す」

「トイレのタンクにペットボトルを入れて水量を減らす」

「小の場合は毎回流さず、2回に1回流すようにする」

ん? 小の場合は毎回流さない……? 匂いが気にならなければ最強の節水方法かもしれません。来客時には控えておきましょう。

■3:台所での節水方法

皿洗いで使うと水道代も意外とバカにできません!

「こまめに蛇口をしめる」

「皿の洗い物は洗い流すときに積んで洗う」

「食器は暖かいお湯につけおきしておいてまとめ洗い。汚れ落ちも良く効率いい」

「食器などの洗い物を濯いだ水をバケツにためて、トイレの水として再利用」

洗い物をすすいだ水をトイレで再利用などはかなりの玄人ワザ。さすがですね。また、食器はお湯につけておく&積んで流すなどは簡単に試すことができそうです。

あと、お皿にサランラップを敷いて洗わないようにする、というのもひとつですよ!

■4:その他の節水方法

最後は、洗面所やお風呂などの節水法です。

「歯磨き中は水を止める」

「お風呂のお湯を掃除にも利用」

歯磨きのときに水の流しっぱなしはもったいない! これはすぐにでも改善したいところです。

あとは、「トイレを節水型にすれば節水の効率アップ」「スーパーのお水をくみに行く」などという回答も……。本気で節水したいなら、これくらいしないといけないですよね。

水道代を安く抑えるのは、ちょっとした工夫や生活の知恵できそうなことばかり。まずは蛇口をこまめに閉めることから始めてみましょう。

それだけでだいぶ水道代は抑えられるはず。上記の中でできそうな節水術は、ぜひ試してみてくださいね。

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2014年12月25日(木)

調査対象:全国30代の男女100名

関連記事