何かを始める時のめんどくさい気持ちがなくなる「15分ルール」

  • LINEで送る
2015.04.07

shutterstock_114614152

仕事や家事に勉強……。日々、私たちにはやるべきことが山積み! それでも、プライベートでやりたいこともたくさんありますよね。

例えば、海外旅行。行きたくて、憧れを抱いていたとしても、ちょっとハードルが高い!それで、「永遠に行けないかも」なんて思っていませんか?

そんな悩みを抱えている人は、15分ルールを実践してみましょう。

これは、作業を15分単位で分割して、そのことをポジティブにとらえ、嫌々ながらも「やらなくてはいけない」という重圧から逃れることができるというもの。

今回は、『Daily Express』を参考にこのルールの詳細をお伝えします。

■時間を有効に活用できる15分ルール

海外旅行だったら楽しいですが、ハーフマラソンのために3ヶ月間トレーニングするとか、家を5時間かけて掃除するとかは、考えるだけで気が重くなりますよね。

でも、ランニングをするときに、15分経過すれば、一度ストップして他のことができると思うと、作業が楽しく、やりやすくなります。

たった15分と思うかもしれませんが、その時間の中で、部屋の掃除や試験勉強、パワーウォーキングなど、ひとつの作業に集中して取り組むことで、大きな成果を生むのです。

それで、短時間でも、長期的な成功への重要な要素になるのです。また、ライフ・コーチのアービンド・デバリアさんは、15分の時間で、細々とした仕事を一度にまとめることを勧めています。

例えば、15分あれば、医者、歯医者、会計士、美容師、銀行の全てに予約を取ることができます。また、ウォーキングとランニングを交互に行うことも可能になるのです。

■15分ルールは人間関係の改善も可能

この15分ルールは物事を成し遂げるためだけでなく、私達の人間関係の改善や気晴らしにも役に立ちます。

例えば15分間、あなたの子どもやパートナーと、その日の出来事についておしゃべりをしましょう。

そのことにひたすら注意を向け、話を聞いてください。携帯をチェックしたり、テレビに目を向けたりするのはNGです。

するとその会話の質がとても深くなることに気付くはずです。他の誘惑は断ち切って、とにかくそのタスクに全力で取り組んでください。

また疲れているとき、ストレスを感じているときは、15分の仮眠や、瞑想をしましょう。15分の入浴でもリラックス効果がありますし、寝る前に15分間読書をするのも、緊張をほぐすことに役立ちます。

■忙しい毎日で15分を見つける方法

ただ、時間がない人もいますよね。そんな人は、数日間、毎15分、自分が何をしているか記録してみてください。

すると、チャンネルをコロコロ替えたり、オンラインショッピングをしたり、フェイスブックやツイッターをすることにどれだけの時間を使っているかがわかるでしょう。もっと有効に使える15分を見つけることができるはずです。

またアービンド・デバリアさんは、バスや電車に乗っているとき、病院の待ち時間など、少しの時間も無駄にしないように、読むための良い本やアイデアをメモするノートを持ち歩くことを勧めています。

そして、有害な時間をカットするようにアドバイスしています。この時間とは、愚痴をこぼしている時間、批判をしている時間です。

他にもソーシャルメディアをしているときが、有害な時間になるかもしれないといいます。もしツイッターやファイスブックをやめられない人は、15分間利用したら、一度終了するようにしてください。

本当に15分単位で物事を進めてみると、時間をもっと有効に使えるようになるのですよ。これを機に、時間の使い方を見直してみませんか?

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

The best forward-planning tricks-Daily Express

関連記事