2人に1人が使用!本当に男心をキュンキュンさせる究極フレーズ

  • LINEで送る
2015.04.10

shutterstock_236162035

誰でもほめられると嬉しいもの。とくに、異性からおだてられると、「お世辞なんじゃないの?」と思いつつもテンションが上がってしまいますよね。

そこで、全国30代の男女300人に異性をおだてた経験の有無を聞いてみたところ、50%の人が「ある」という回答に! やっぱりほめることは大事。2人に1人は自然とできているんですね。

それでは、みんなどんなおだて方をしているのでしょうか? 今後の参考にすべく、アンケートからわかった異性をおだてるコツをご紹介します。

■男性のプライドをくすぐる言葉が有効

異性をおだてたことがあるという女性は56%。半数以上の女性が異性をおだてているようです。まずは、仕事やセンスをほめて男のプライドをくすぐるパターン。

「仕事内容とかやりがいとかわからなくても、“素敵なお仕事ですね”と言う」

「“一緒に仕事していても楽しいし、頼りになる”と言う」

「洋服の趣味が良い、似合ってると言うと喜ばれる。“センスがいいね”と言う」

これなら職場や飲み会で、使えそうですよね。

さらに、「他の人とあなたは違う」と強調することで男性を気持ちよくさせられるようです。

「職場の同僚に対して、“エース”とか“ナンバーワン”と言っておだてたことがある」

「他にどんなかっこいい人がいても“あなたしか目に入らない”と言う」

「“ほかの人とは違うね”と言ったことがあります」

これらの言葉をふまえつつ、もっと手軽に異性をおだてるなら、「すごい」の一言で充分効果あり! 鉄板フレーズのため、数多く寄せられました。

「なんでもかんでも“すごーーーい”と言う」

「大したことじゃないけど“すごい”とおだてた」

「自慢話に“すごいね”とほめまくる」

「大して仕事もできない人に“すごいですね”とお世辞を言ったことがある」

そして、何かをしてもらった時に「すごい!」とおだてている、しっかり者の女性も多数。

「力仕事でお願いしたいときに、“自分にはできない”と言ってやってもらって、“すごい”とほめました」

「色々とやってほしいときに、“すごい!”とか言っておだてた」

女性のみなさん、彼氏や旦那さんに頼みごとをする時は、「すごい!」を使っていますか? おだてることで自分に損はないわけです。どんどん使っていきましょう!

■男性からの「かわいい」には要注意

一方、異性をおだてたことがあるという男性は44%と、女性に比べるとやや少なめ。

そんな男性は、女性の容姿をほめることが多いようです。女心をわかっていますね! 次のような、女性のコンプレックスを逆手にとっておだてるパターンが最も多く寄せられました。

「太っていて見た目が良くないけど、“ぽっちゃり系でかわいらしい”とおだてたことがあります」

「年相応な女の子に、“年齢よりも若く見える”と言ったことある」

「全然痩せてないけど、“最近痩せてきた?”と言った」

あと、これまでとの変化をほめている人も……。

「髪型の変化や、新しく買ったであろう洋服・小物に“似合っている”とほめることはある」

「“新しい髪形が似合う”とほめた」

自分が気にしている部分や小さな変化をほめられると、やっぱり気分がよくなりますよね。そんななかでも、男性が女性に使っているほめ言葉のナンバー1は、「かわいい」でした。

「思っていなくても“かわいい”と言う」

「“かわいいかわいい”と言う」

「“かわいい”ととにかく言う。機嫌がよくなるから」

「普通に“かわいい”を連呼した」

「会うごとに“かわいいね”と言っている」

男性はこれでもかというほど”かわいい攻撃”をしている模様。

「ルックスはかわいくなくても、かわいい部分を見つけてほめたことがある」という真面目な男性もいますが、「大してかわいくない子だったが、かわいいとほめまくった。セックスしたかったので」という人もいます!

合コンやお酒の席での「かわいい」発言には、くれぐれも気を付けてくださいね。

(文/平野鞠)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2014年3月24日(火)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事