デートしたらセックスしたい?なんと「したくない派」は●●%も

  • LINEで送る
2015.04.16

shutterstock_206075572

セックスはお互いをよく知るためには最高のコミュニケーションですよね。好きな人とデートしたら、やっぱり最後は肌を重ね合わせたいと思うのは、健全なことでしょう。

そこで今回は、全国の30代男女に「デートでセックスしないのは嫌ですか」とアンケートを行ってみました。

すると、全体の88%の人が「嫌じゃない」と答えたのです。意外な結果かもしれませんが、その理由は男女で違いがあるようです。紹介していきましょう。

■男性は好きな相手なら「嫌じゃない」と考えがち

「デートでセックスできなくても嫌じゃない」と答える男性は82%。意外にも多い数字です。

本来、男性は性欲も女性より高めでセックス自体が好きな人が多いはず。にも関わらず、「セックスできなくても大丈夫」と考える理由は、相手の内面にも惚れているからのようです。

「セックスは必要なことでだけど、心を許せる相手と一緒ならば満足」

「嫌というわけではないが、全く無しとなれば無理かな」

「セックスがすべてではない」

「相手の性格に惚れるから、しないデートでも構わない」

「女性には体を大切にして欲しいし、付き合えばセックスはそのうちすることになるのだから焦ってするものでもない」

「いっしょにアウトドア(登山、ハイキング)なども楽しい」

心の許せる、性格の良い女性ならば、セックス抜きのデートだって楽しい。むしろ、アウトドアなどいっしょに遊ぶようなデートがしたい……。そんな声が多くありました。

反面、「セックスしなければデートの意味なし!」と答える人も。ただし18%という少数派の意見でした。

■女性は「会うたびに求められる方が苦痛」との声も

対して女性は、「デートでセックスできなくても嫌じゃない」と答えたのは93%。ほとんどの人はデートにセックスがなくてもいいと考えているようです。

主な理由としては、セックスが好きではない、面倒くさい、キスだけで十分など。「毎回だとカラダ目的みたいで逆に嫌」という声もありました。

「セックスはあまり好きではない」

「むしろ会うたびに求められる方がよっぽど嫌」

「デートのたびにするなら逆に体目当てじゃないかと思ってしまう」

「しなくてもいい。むしろたまにでもいいと思っている。一緒にご飯を食べて話すだけでもいい」

「デートのたびにHをするなんて嫌だ。女は男の性処理道具ではない!」

女性はもともとカラダの繋がりよりも心の繋がり重視の傾向があるようです。「デートはセックスがなくては物足りない」と答えた人は6%しかいませんでした。

デートは一人で行うものではありません。相手の体調によっては、セックスが億劫になってしまうこともあります。そんなときはデートでいい雰囲気になっても、無理は禁物です。

自分がセックスをしたいと思っても、相手を思いやることをまずは一番に考えてあげましょう。そうして楽しいデートを重ねていけたら、自然とセックスもついて回ってくるのかもしれませんね。

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2015年3月24日(火)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事