日本人の77%が普段やっている「歯磨き粉フル活用術」トップ3

  • LINEで送る
2015.04.23

shutterstock_54074767

毎日お世話になっている歯磨き粉。でも、歯磨き粉を最後まで使い切るって、チューブをくるくるしたり指を押し上げたり、大変なわりに、結局は不本意なまま交換しがちだよね?

そんな風に思って今回、300人の男女に歯磨き粉を最後まで使い切っているかどうか、調査。すると、77%の人が歯磨き粉を最後まで使い切っていることが判明したのです!

男女別では、女性78%、男性76%で、ほぼ同じ結果に……。

世の中、こんなに多くの人が歯磨き粉を最後まで使い切っていたなんてビックリ! しかも、アンケートに寄せられたコメントは、すっごい参考になるアイディアが満載!

というわけで、早速“歯磨き粉の使い切り術トップ3”をご紹介します。

■3位:ブンブン振る!

3位はチューブを振って使い切る人で、10%でした。

「空気を入れて、振って使うと結構出ます」「少なくなったらブンブン振っておくと最後まで使える」など、空気を入れて振ると良いらしいって、みなさん知っていましたか?

具体的にはどんな風に振るのでしょうか……?

「振ると最後まで使えると聞いたので、チューブの一番後ろを持って振る」

「チューブの平たい部分(接着部)を持ち    振るようにしています。伊東家の食卓でやっていました」

ほほう。遠心力で歯磨き粉を先端に集めるワケですね。手順は、(1)空気を入れる、(2)チューブのお尻部分を持ってブンブン振る。『伊東家の食卓』の技なら、間違いなさそうです!

■2位:チューブを切る!

続いて、28%の人が絞り出したあとにチューブを切ると答えています。

「ハサミで切ってすべて使い切る」そうですが、切る位置では「ハサミでおしりのところを切り、絞り出して使う」など、キャップとは反対側になるお尻の部分を切り落とすのがポピュラーな様子。

また、「中をスパチュラでかき出して使う」「歯ブラシを入れて掻き取る」「指ですくい取る」などアイテムも様々。みなさん、流儀があるようです。

■1位:とにかく絞りだす!

そして、とことん絞り出す方法が39%で、ダントツ1位でした。けれども、「最後まで使い切る!」と答えただけあって、ただ絞るだけでは無さそうです……。

「旦那に押してもらって使う」

「二人がかりで絞ることもあります」

「何回も何回も折りたたんで入口から押して出なくなるまで使います」

「一番後ろから丁寧に丸めて出す。そのあと、ひっくり返してまた丁寧に丸めて出す」

チカラ技から根気よく絞り切るものまで、かなりの情熱を感じますね!

他には、「チューブの後ろからペンを巻いてクルクル押し出す」「スプーンでつぶして絞り出す」「定規のようなまっすぐな道具で絞りだす」など、身近な器具を用いるアイディアも。

まとめると、(1)とことん絞り出したら、(2)空気を入れてブンブン振り、溜った分も押し出した後は、(3)ハサミで切って使い切ると完ぺきですね! なんだか、やり切った感、ハンパ無さそうです。

あと、ハサミで切った後の粉は、シンクや洗面台のお掃除に使うというアイディアもありました。

たかが歯磨き粉、されど歯磨き粉! こんなに多くの人が歯磨き粉をムダにしないアイディアを、当たり前に実行しているとは思いませんでした。日本人のMOTTAINAI精神ってやっぱり素晴らしいですね。

まだ使い切っていないあなた! ぜひ、これらを参考にして節約とエコと達成感を味わってください。

(文/茶柱ズバ子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2014年3月24日(火)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事