知っておくと「いつもの卵が何倍もおいしくなる」7つのトリビア

  • LINEで送る
2015.04.21

shutterstock_127949708

目玉焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵、卵焼き、ケーキにクッキー、マヨネーズ。卵は毎日、台所で大活躍しています。

あと一品というときも、卵があれば手軽なおかずが作れますよね。お料理にもスイーツにも、私たちの食生活になくてはならない卵ですが、卵について知っていることって意外と少ないのでは?

ここでは『Yahoo! Food』を参考に、知って得する卵に関する豆知識をご紹介します。知っておくと、ますます卵をおいしく食べられるようになりますよ!

■1:スクランブルエッグに水や牛乳は必要?

スクランブルエッグのレシピをみると、ほとんどの場合水か牛乳を入れるように書いてあります。なんだかちょっと面倒ですが、これって必要なんでしょうか?

スクランブルエッグを作るとき、フライパンに卵を入れると、みるみる固まりはじめますよね。卵は熱で固まります。

これは卵の主成分であるたんぱく質が、熱で変形することによって起きる現象です。卵料理は火加減が大切と言われるのは、これが理由です。ふわふわのスクランブルエッグを作るためには、熱しすぎは厳禁なのです。

でも、ちょうどいい温度にするのはなかなか難しいですよね。実はここで、水や牛乳の出番になるのです。

水と牛乳を入れることによって、いきなり温度が高くなってしまうことを防ぎ、仕上がりをふわふわにすることができるのです。きちんと意味があるんですね。

■2:ケーキは新鮮な卵と古い卵、どちらがおいしく作れるの?

生みたての新鮮な卵を使うよりも、古い卵を使ったほうがふんわりとした食感のケーキができる、という話を聞いたことがありませんか?

なんとなく新鮮な卵のほうがよさそうな気がするけど、どっちにすればいいの? これを確かめるために、スーパーで買った卵と農家からもらった生みたての卵で、それぞれケーキを作って実験してみました。

すると、新鮮な卵の方がわずかに舌触りがよかったものの、味はほとんど変わりませんでした。ケーキを作る上では卵の新鮮さはさほど関係なさそうです。

卵の新鮮さを活かしたいなら、スクランブルエッグなどを作りましょう。

■3:卵のグレードって本当に違いがあるの?

アメリカでは卵がグレード分けされており、殻の形が歪んでいるもの、殻が薄いものはB、きれいなものはAかAAがつけられます。

卵を照明にかざして、黄身が見えないほど白身が分厚いものはAA、それ以外はAがつけられます。Aの卵はAAのものよりほんのわずか白身や黄身がやわらかいですが、味の面ではさほど違いはありません。

■4:卵ってどうやって殺菌されてるの? 殺菌されてないのでも平気?

卵を生で食べることにより、ごくまれにサルモネラ菌による食中毒がおきることがあります。

サルモネラ菌は殻の表面に付着しているので、殺菌済みの卵はゆで卵になってしまわない温度のお湯につけられて殺菌されています。

殺菌済みのものとそうでないものに、味の違いはありません。

メレンゲを作るときは殺菌済みのものの方が時間がかかる場合があります。しかし、それ以外の場合は安心して生で食べられる殺菌済みのものがオススメです。

■5:黄身の色が濃い方が新鮮なの?

黄身の色が濃いほうが新鮮な気がしますが、実は黄身の色の濃さと卵の鮮度はまったく関係ありません。

黄身の色は鶏のえさによって違っています。トウモロコシ飼料を食べた鶏の卵の方がムギ類を食べた鶏の卵より黄身の色が濃く、鮮やかになります。

新鮮な卵かどうか見分けたいときは、黄身の色ではなく、割ったときの黄身の盛り上がりを見ましょう。薄く広がらずに、高く盛り上がった卵の方が新鮮です。

■6:卵は少しずつ入れるべき?

お菓子のレシピを見ると、卵とバターを混ぜるときは必ず少しずつ入れるように書いてあります。一度に全部入れてはいけないのでしょうか?

クッキーを作って実験したところ、少しずつ卵を入れたものの方が全部一度に入れたものより厚く、歯ごたえのあるものに仕上がりました。

これは卵の水分とバターの油分がうまく混ざるのに時間がかかるためで、少しずつゆっくり混ぜた方がおいしく仕上がります。面倒くさがらずに、卵は少しずつゆっくりまぜましょう。

■7:オメガ3脂肪酸強化卵って?

スーパーでたまに「オメガ3脂肪酸強化」と書かれた卵を見かけることがあります。これは一体なんなのでしょうか?

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸のひとつで、魚の脂などにも含まれており、血圧を下げたり心臓病のリスクを下げる働きがあります。

売られているオメガ3脂肪酸強化卵は、鶏に特別な飼料を与えて卵に含まれる栄養素を強化しているものなのです。そんなオメガ3脂肪酸強化卵、体にはよさそうですが、お味は?

スーパーで売られている普通の卵とオメガ3脂肪酸配合の卵をどちらか知らせずに食べ比べてもらった結果、多くの人がオメガ3脂肪酸配合の卵の方が風味が豊かでおいしいと答えたのです。

鶏に与えられる特別な飼料がこの風味を作っているのだとか。体によくておいしいオメガ3脂肪酸強化卵、ぜひみなさんも試してみては?

私たちの身近な食材である卵。毎日使うものでも、意外と知らないことも多かったのではないでしょうか? 栄養豊富で色々な食べ方ができる卵、今日も正しく選んでおいしく食べましょう!

(文/和洲太郎)

 

【参考】

7 Facts You Didn’t Know About Eggs-Yahoo! Food

関連記事