なんと日本は15位!世界で最も平均労働時間が長い国トップ10

  • LINEで送る
2015.05.02

shutterstock_225404101

誰もが、仕事とプライベートの時間のバランスをとって充実した毎日を送りたいもの。このバランスは“ワークライフ・バランス”と呼ばれ、世界各国で注目されています。

実は今、世界中で人々のワークライフ・バランスが乱れているのです。

それがよくわかるのが、経済協力開発機構(OECD)が2012年時点での加盟35か国のフルタイム労働者の平均労働時間をランキングで表したデータ。

年あたりの数字なので、少々イメージしにくいかもしれませんが、まずはその中から平均労働時間の長い10か国、短い10か国をご紹介します。

■世界で最も平均労働時間が長い国トップ10

1位:メキシコ(1年間で平均2,226時間)

2位:韓国(1年間で平均2,090時間)

3位:ギリシャ(1年間で平均2,034時間)

4位:チリ(1年間で平均2,029時間)

5位:ロシア(1年間で平均1,982時間)

6位:ポーランド(1年間で平均1,929時間)

7位:イスラエル(1年間で平均1,910時間)

8位:エストニア(1年間で平均1,889時間)

9位:ハンガリー(1年間で平均1,888時間)

10位:トルコ(1年間で平均1,855時間)

■世界で最も平均労働時間が短い国トップ10

1位:オランダ(1年間で平均1,381時間)

2位:ドイツ(1年間で平均1,397時間)

3位:ノルウェイ(1年間で平均1,420時間)

4位:フランス(1年間で平均1,479時間)

5位:デンマーク(1年間で平均1,526時間)

6位:アイルランド(1年間で平均1,529時間)

7位:ベルギー(1年間で平均1,574時間)

8位:ルクセンブルク(1年間で平均1,609時間)

9位:スウェーデン(1年間で平均1,621時間)

10位:スロベニア(1年間で平均1,640時間)

そして気になる日本は1年間で平均1,746時間、平均労働時間の長い方から15番目です。

各国の1日あたりの労働時間が示されていないため、比較できないのが残念ですが、ショッキングなことに、日本はOECD加盟国の平均値(1年間で平均1,765時間)を若干下回っています。

意外と少ない気がしますが、これは休日の日数がほかの国よりも多めなことが影響したようです。

週休2日が浸透しており祝日も15日と多め、年末年始やお盆休みもあります。ちなみに、日本の1日の平均労働時間は9.1時間でした。

■世界中が「働きすぎ」と感じている!

それでは、各国の人々は、自分のワークライフ・バランスが適正だと感じられているのでしょうか。

アメリカの情報サイト『Mashable』によると、アメリカでは46%、イギリスでも40%以上のフルタイム労働者が、「仕事のせいでプライベートの時間が思うように取れない」と感じている、という調査結果が出ています。

(アメリカは平均労働時間が1,654時間/1年間で長い方から24番目、イギリスは1,790時間/1年間で長い方から12番目)

このことからも、世界中で大勢の人々が「仕事のために家庭やプライベートを犠牲にしている」と感じている現状が浮かび上がってきます。

働き過ぎは、労働者の健康を損なうだけでなく、職場での事故の原因になったり、労働者のストレスを助長します。ワークライフ・バランスの不均衡は、多くの危険をはらんでいるのです!

■ワークライフ・バランスを整える5ヶ条

この働きすぎ問題を解決するにはどうしたらいいのでしょうか?

今、「ワークライフ・バランスがうまくいってない」と感じている人には、以下のイギリスの団体『メンタルヘルス財団』からの「ワークライフ・バランスを適正化させるアドバイス」が参考になります。

(1)長くではなく賢く働くこと。生産性を低下させるような活動(たとえば長ったらしい会議など)に巻き込まれないよう注意してください。

(2)適切な休憩をとること。ランチには少なくとも30分は確保し、できれば外を散歩するなど気分転換をしましょう。

(3)仕事と休暇に線引きをすること。もし仕事を持ち帰るときも、自宅の中で仕事をする場所を決め、仕事が終わったらその部屋からすぐに出ましょう。

(4)仕事関係のストレスとメンタル面の健康はリンクしています。運動やリラクゼーション、趣味でストレスを減らすよう努めましょう。

(5)あなたのワークライフ・バランスについて同僚や上司と話してみましょう。

現状をより正確に把握するためには、労働時間を1日単位ではなく週ごとや月ごとで記録すること。そして、仕事について悩んだり、考えたりした時間も記録すること。

こうした時間ぜんぶが、仕事に関連するストレスになっているのです。この5ヶ条があなたのワークライフ・バランスを整える助けになりますように。

(文/よりみちこ)

 

【参考】

Working hours around the world: Does work-life balance exist?―Mashable

関連記事