生涯のベストパートナーを選ぶ時に「最も大切なポイント」12個

  • LINEで送る
2015.05.03

shutterstock_101382472

一生一緒にいたい相手って一体、誰なんだろう? 恋愛相手はすぐ決まっても、一生を共にする相手を選ぶのは中々難しいもの。

そこで今回は、イギリスのニュースサイト『Metro』がまとめた“生涯のパートナー選びに大切な12のポイント”を紹介します。

■1:親友である

長い時間を過ごす相手だから、一緒にいてドキドキするような恋人としての関係より、気兼ねなく話をできるような親友同士でありたいもの。

一緒にくだらないことを楽しんだり、生産性のない話を何時間もしゃべったり、そんなことができる相手とは一生の縁があるかもしれません。誰かが思い浮かびますか?

■2:「全てを分かち合いたい」と思える

「新しい服を買った!」「仕事で理不尽な怒られ方をした!」など、いいことも悪いことも分かち合いたいと思える相手は、生涯を共にできるパートナーかもしれません。

逆に「この人にこれは言えないな……」ということがあれば、ちょっと考えてみた方がいいかも。今は言えないことが一つだけだとしても、長い時間が経てば、言えないことも増えてきてしまいます。

■3:料理をシェアできる

おいしいものをシェアしながら食べられることは、一緒にいる上でとても大切なこと。例えば、それぞれ違うパスタを二人で頼んで、何気なく一口ずつ交換できる。

「おいしさを相手にも味わってもらいたい」と思えたら、生活の中で味わえる幸せは、一人でいるときよりも二倍に増えます。そんなことを互いに思えたらいいですね。

■4:口論しても平気

もちろんあんまり汚い罵り合いになってしまってはダメですが、全力で口論できることはいいことだと考えましょう。たくさんケンカができるのは、それが一緒に解決すべき課題だと二人でわかっている証拠です。

しかも、“ケンカ=関係の終わり”ではないことがわかっているからこそ、全力でぶつかり合うことができるのです。

■5:相手の家族を自分の家族のように思える

パートナーだけでなく、パートナーの家族も愛せるような関係が大切です。もちろん違う人間ですから、気が合わないこともあるでしょう。でもその家族だったからこそ、今のパートナーがあるわけです。

まずは相手の家族をよく知りましょう。一緒に食事をしたり、遊んでみたりして、パートナーとその家族の共通点に気づけたりすると、楽しいですね。

■6: 一緒にいてリラックスできる

緊張感のある関係よりも、一緒にいてリラックスできるような関係が望ましいです。人間は、相手の出方によって自分の振る舞いを変えてしまうもの。

でも生涯のパートナーに対しては、相手がどんな風に反応するかを気にせずに、自分のことをオープンにできる方がいいでしょう。一緒にいて一番伸び伸びできる人が、もしかしたら運命の相手かも?

■7:お互いに頼れる

人間はそれぞれ違った生き物で、得意不得意も色々。だからこそ、互いに頼れる関係がとても大切です。

例えば、どうしても真夜中に買い物に行く必要があるとき、男性が付き合ってあげるとか。互いにできる小さな貢献が積み重なって、長い生活が豊かなものになっていきます。

■8:一緒に過ごすことが好き

寝ている時でもどんなときでも「一緒にいて幸せだ」と思える人が、生涯のパートナーかもしれません。

「そんなこと当たり前だ」と思われるかもしれませんが、生活を共にすると、二人でいることは貴重な時間ではなく、日常そのものになります。だからそんな何気ない時間を愛せることは、一生を過ごす上でとても大切なことなのです。

■9:「将来を共にしたい」と既に話している

あなたは今、誰かと付き合っているかもしれません。その相手と、将来の話をしていますか? 付き合っている段階から、将来の話がよく出てくる相手とは、生涯のパートナーになる可能性が高いです。

それも一方的に話すのではなく、二人ともが自然に話に出すような関係性だと、そろそろ次のステップは近いかも?

■10:一緒のものを欲しがっている

もちろん、欲しい子どもの数とか、飼いたいペットの種類まで同じというわけにはいきません。

でも、価値観や将来像がある程度似ていて、ぼんやりとしていても同じイメージを共有できていると、二人で協力して一つの未来を作り出すことができます。そんな相手とは、きっとステキな生活を過ごせますよ。

■11:恥ずかしい姿を見られても平気

たとえばドラマを見て号泣してしまったり、自分にとってカッコ悪い姿を相手に隠そうとしないとき、二人の関係性はぐっと深まっていると言えます。

長い生活の中では、できるだけオープンな関係が大切です。恥ずかしくてもカッコ悪くても、素の自分をさらけ出せるような相手とは、いい関係を築くことができるでしょう。

■12:相手のことを信じられる

一番は、ここです。何より相手を信じられること。そのためには瞬間的な喜びよりも、日常の中で感じられる小さな幸せの積み重ねが大切です。

自分が自分らしくいれるようなリラックスした関係性の中で、相手のことをより深く知っていきましょう。そしてその心を信じ切れること。それが生涯のパートナーのために、もっとも大切なことです。

現実に全部当てはまるのは難しくても、「なるほど」と頷いてしまうものばかり。自分はどの条件を求めるか、参考にしてみては?

(文/和洲太郎)

 

【参考】

12 signs you’ve found the person you should settle down with-Metro News

関連記事