まだまだ世の中では知られていない「セックスの嬉しい効果」7つ

  • LINEで送る
2015.05.04

shutterstock_159241046

パートナーと過ごす時間を大切にしていますか?

「仕事が忙しくてなかなか会えない」というあなた。最近、体調は悪くないですか? 実はセックスは体にいいんです。

アメリカの様々な研究では、すればするほど心と体に効くセックスの効果が立証されています。海外サイト『SELF』で話題になっている、その気になる効果をこっそり紹介しちゃいます。

読んだら今夜、パートナーを誘いたくなっちゃうかも?

■1:週に1回―ダイエットに効く

セックスによって分泌される脳内物質オキシトシンには安眠作用があると、アメリカの人類学者ヘレン・フィッシャー氏は言っています。

また、グレリンやレプチンというホルモンも分泌され、これらは空腹を感じにくくする作用があるのだとか。恋人と愛を確かめる時間はダイエットにも効果アリ?

■2:週に2回―免疫力に効く

アメリカのウェルクス大学の研究によると、週に2回から3回セックスするカップルは、回数の少ないカップルより30%ほど体内の免疫グロブリンAの量が多いというデータが出ています。

この免疫グロブリンAは体の免疫力を高める物質。研究者の間では、セックスによるリラックス効果も免疫力の向上に効果があると言われています。健康が気になるあなたに、意外な健康法です。

■3:週に3回―心臓に効く

パートナーとたくさん動くのは楽しいものですが、実は楽しいだけじゃなく、健康にもいいんです。セックスは心拍数を上げ、血行を良くする効果があります。

週に3回以上セックスするカップルは、そうでないカップルに比べ、致命的な心臓発作のリスクがなんと半分になるのだとか。パートナーと手軽に心臓病の予防ができちゃうなんて、びっくりです。

■4:週に4回―お肌に効く

イギリスのロイヤルエディンバラ病院の調査によると、週に4回以上セックスしているカップルの方が、そうでないカップルより4~7歳若く見えるというのです。

セックスによって成長ホルモンの分泌が促され、それによって体脂肪率の低下や、顔色が良くなるといった効果が出るのだとか。いつまでも若くキレイでいたいなら、パートナーとのセックスは欠かせません。

■5:週に5回―仕事に効く

頻繁にセックスする人ほど、おおらかでエネルギッシュ、クリエイティブな人が多いとフィッシャー氏は語ります。セックスが多い人の方がモチベーションが高く、仕事で結果を出すことが多いのだとか。

パートナーとの円滑な関係は、仕事がうまくいかないときもポジティブな気持ちで状況を打開するエネルギーをくれます。パートナーの存在は、いつも大きいものです。

■6:週に6回―脳に効く

アメリカの産婦人科医バーバラ・ディプリー氏によると、セックスが多ければ多いほど脳にいいのだそう。

セックスによって脳への血流が増え、様々なホルモンの分泌が促されます。それによって脳の働きが非常に活発になるのです。なんと新しい脳細胞も作られるのだとか。

頭脳明晰になりたい人は、仕事ばかりしないでパートナーとの時間も大切にしましょう。

■7:週に7回―憂鬱に効く

毎日セックスしているカップルは悩み知らず! 内科医のジョナサン・R・コール氏によると、セックスの回数が多い人は憂鬱な気持ちになったり、ストレスをためてしまうことが少ないそう。

セックスによって分泌されるエンドルフィンによる効果ではないかと言われています。パートナーとうまくいっているときはそれだけで悩みがなくなりそう!

いかがでしたか? セックスはパートナーとの愛を確かめるだけじゃないんです。意外なものにも効いちゃうセックスの効果、パートナーと実験してみては?

(文/和洲太郎)

 

【参考】

What’s Your Sex Number?-SELF

関連記事