難しい計算をしないで「今年の自分の誕生日が何曜日か」知る方法

  • LINEで送る
2015.05.10

shutterstock_73068481

誕生日、毎年あなたはどう過ごしていますか? もしくは、どう過ごしたいですか?

「毎年、仕事だよ!」という人、「できるだけ休みを取る」という人、友達や家族と食事する人もいるでしょう。会社によっては、誕生日休みがあるところもありますよね。

過ごし方によっては、何曜日かって大事じゃないですか? 曜日によって安くなる施設も結構ありますし、誰かと祝う場合は平日か週末か気になるところです。

実は、簡単に誕生日は何曜日か、知る方法があります。それはズバリ“誕生日の曜日は、毎年一日づつずれていく法則”です。今回は、この法則をご説明します。

■誕生日が毎年1日ずれる数学的な理由

たとえば、今年の誕生日が火曜なら、来年の誕生日は水曜となります。1年は365日あります。これを1週間7日で割ると、365÷7=52・・・余り1日です。

つまり1年というのは、52週間と1日なんです。この1日分だけ、毎年誕生日は後ろにずれていきます。

今年の誕生日が月曜なら、来年は火曜。今年が火曜なら、来年は水曜。今年が水曜なら、来年は木曜、という感じで続きます。

そして4年に一度のうるう日(2月29日)がある時だけ、さらにもう1日ずれて“2日後ろの曜日”になります。つまり、今年の誕生日が火曜なら、来年は木曜になります。

こんな風に、誕生日は毎年1日だけ後ろにずれるので、ある意味平等なんです。

「いつも誕生日は、仕事の日。あ~なんでだろう」と思うのは早とちり。誰にでも平等に“誕生日の曜日”は回っています。

■毎年ゴールデンウィークもずれている

毎年、同じ日が1日だけずれていくのは、別誕生日に限ったことではありません。

例えば、ゴールデンウィーク。よく、「今年は飛び石連休です」とか「今年は大型連休」などの話題が出ることがありますが、あれも同じ法則性(毎年1日ずれる)の元で動いているので、平等に飛び石も大型もやってきます。

365日というのは、誕生日をずらすためでなく、地球が太陽を一周回る時間から決めたものです。もし364日だったら、ちょうど52週なので、2月29日をのぞけば、毎年同じ曜日で面白くなかったかもしれません。

案外、神様は平等主義者なのかもしれませんね。1年は365日、つまり52週と1日。だから誕生日は、毎年“1日だけ後ろのずれていく”というお話でした。

(文/シール坊)

関連記事