86%の親が理解できない今時「インターネット用語」トップ10

  • LINEで送る
2015.05.13

shutterstock_237900781

日本ではインターネット用語が数多くありますよね。例えば、wktk(楽しみ!)やjk(常識的に考えて)など。実は海外でも、インターネット上でよく使われる新しい用語があるのです!

しかも、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのジョン・サザーランド教授が指揮した調査によると、子どもが使うインターネットスラングに対して、多くの親が困惑していることがわかってます。

海外のインターネット事情はいずれ日本にもやってくる可能性が高いので、海外サイト『Mirror Online』が発表したその調査結果を一緒に見ていきましょう。

■親たちは若者の使う言葉を理解できない

まず、調査対象の2,000人中たった10%しか「bae」の本当の意味を認識していなかった、とのこと。

「bae」とは、恋人(ボーイフレンド・ガールフレンド)や、大好きなものという意味で使われることが多い用語。また、Before Anyone Else(誰より先に)という意味もあります。

そして86%の親たちが、「ティーンエイジャーはTwitterやFacebookなどでは全く異質の言語を使っているように思える」と明かしています。

例えば、イケてる、キマってるを意味する「Fleek」は、親たちが理解できなかった用語のトップ10にランクインしています。親たちの43%が「知らない」と回答しているのです。

サザーランド教授によると、ソーシャルメディアやインスタントメッセージの出現により、英語が速いペースで進化しているといいます。

■親が理解できない新しい用語トップ10

では、一体どんな用語が親には理解できないのでしょうか? それは、以下の10個だそうです。

・Fleek(イケてる、キマってる)

・FOMO(取り残される不安)

・Bae(恋人、大好きなもの)

・ICYMI(見逃した人用)

・Deadout(ゴミ、クズ)

・TBT(以前の写真、思い出の写真を公開)

・LMK(知らせて)

・RN(今、現在)

・Thirsty(もっとちょうだい!)

・NSFW(職場で閲覧するには不適切)

こんな用語を海外の掲示板やソーシャルメディアで見たことありませんか? 自分達の時代にはなかったものがなかなか理解できないのは、日本だけじゃないんですね。

■今はもう使われていない用語トップ10

また、以前はテキストメッセージでのやりとりでよく使用されていた、TXTやGR8、M8といった頭字語は、現在あまり使われていない、とのこと。

・TXT(テキストメッセージ)

・GR8(素晴らしい)

・M8(仲間、友達)

・BRB(すぐに戻るよ)

・ROFL(床を笑い転げる様子、大爆笑)

・BBZ(かわいこちゃん)

・L8RZ(また後で)

・GTG(行かなくちゃ)

・Enuf(十分な)

・TTYL(またあとで話そうよ)

日本同様に、海外でもインターネット用語にトレンドがあるんですね。あなたが知っている、または使ったことがある言葉はありましたか?

最近は、インターネットが流行語の発信源になっているようですね。これからも新しい言葉がどんどん増えていきそう! 本格的に国際化社会になる前に、チェックしておいてはいかがでしょうか?

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

Revealed: The top 10 social media words and terms your parents really don’t understand-Mirror Online

関連記事