実は大間違い!世間で「体に悪い」とされている食べ物の真実7つ

  • LINEで送る
2015.05.16

shutterstock_98621012

「体に悪い」と言われている食べ物は避けてしまいますよね。でも、実は今、世間で広まっている情報の多くは、正確とは言えないのが実情です。私達は、食べ物や栄養成分に関して大きな誤解があるのです。

『The Washington Post』が発表したデータを参考に、間違い例を7つ、見ていきましょう。

■1:遺伝子組み換え食品は危険だから食べちゃダメ⇒×

遺伝子組み換え食品が危険だと、現時点では断定はできません。よって、この認識は正しいとは言えないのです。むしろ、こうした食品は危険ではない、とする研究者らが大半(9割近く)です!。

欧州連合の支援に基づいた研究結果も同じ結論に至っていますし、米国医師会も同様の見解を述べています。この問題の本質は、どうやら遺伝子組み換え食品に対して正しい理解を持っている人が少ない、という点です。

■2:アスパルテームには発がん性がある⇒△

アスパルテーム(人工甘味料の一種)は健康によくないと言われていますが、これも断定はできません。むしろ多くの研究が逆の事実を示すと同時に、科学的コンセンサスもこの考えを支持する傾向が強まっています。

だからといってアスパルテームをたくさん摂取するべき、ということではありません。しかし、少量であれば摂取しても心配する必要はないと、『The Washington Post』は報じてます。

■3:私たちは塩分を摂りすぎている⇒△

塩分摂りすぎの認識についても、疑問視する声が高まりつつあります。もちろん、体によくないのは周知の事実。高血圧の方であればなおのことです。

ですが、塩分の摂りすぎとは一体どの程度の量なのでしょうか? 専門家の間でも意見が別れているのが現状です。

今年の4月上旬、ピーター・ウォリスキー氏が『The Washington Post』に投稿した記事によれば、健康な人の摂取量として一日あたり6,000ミリグラムまでが許容範囲、とする専門家が多いそう。

その一方で、米国における現在の食生活指針では、一日あたりの塩分摂取量が2,300グラムを超えると塩分の摂りすぎとなるのに対し、米国国民の一日あたりの摂取量はおよそ3,500グラム。

このように、塩分摂取に対する認識にはかなりの差があることがわかります。

■4:コレステロールは健康によくない⇒△

コレステロールの弊害を、アメリカ政府はこれまで長くに渡り指摘してきました。ところが、これに対しても懐疑的な考えが強まっています。

ついにアメリカの食生活指針を定める諮問委員会も、過去40年に渡り「コレステロールの過剰摂取は健康を害する」としてきた見解を改めるに至りました。

■5:MSGは台所に潜む悪魔⇒×

MSG(うま味調味料)が人体に与える影響に関しても、正しい認識とはいえません。

むしろ、アメリカ食品医薬品局をはじめ国際連合、そしてオーストラリア、イギリス、および日本政府はMSGに関する調査を行った結果、摂取しても安全だと結論づけています。

MSGに対し何らかの身体的反応が出てしまう人も中にはいるので、こうした人からMSGが快く思われないのは当然のこと。しかし、一般的にはMSGに対し神経質になる必要はないのです。

■6:グルテンは摂取するべきではない⇒×

グルテンはダメだと認識している人は相当数いるようです。例えば、アメリカの国民の実に3割近くが食事からグルテンを抜こうと何らかの形で取り組んでいるそう。

確かにグルテンは、例えばセリアック病を患う方やグルテンアレルギーの方にとっては、避けるべきもの。ところが、グルテン摂取量を減らすことが一般的に健康にとって望ましいと言えるのか、実は定かではありません。

著書『The Gluten Lie (グルテンの嘘)』の中でアラン・レビノヴィッツ氏はグルテンを摂取しない食事方法(グルテンフリー)がどのように生まれたのか、そしてその魅力と危険性を分析。

「科学において大切なのは事実を誇張しないこと」と氏は述べるとともに、グルテン研究の専門家たちによれば、まだまだグルテンの摂取量が及ぼす影響についてはっきりとしたことは言えない、としています。

■7:異性化糖は砂糖以上に体に有害⇒×

これもまだはっきりとした事実とは言えません。化学的に見れば異性化糖と砂糖はほとんど同じもの。どちらもなるべく控えるべき、程度のことしか言えないのが現状です。

以上、7つの事柄を見てきました。今まで何となく信じていたこともあったのではないでしょうか。

重要なのは、これらの認識が正しいのか誤りなのか、という点ではありません。大切なのは、現時点ではこうした食べ物を摂取したからといって健康に悪影響がおよぶと断定はできないと理解すること。

どんな噂も、鵜呑みにしすぎないようにしていきましょう。

(文/和洲太郎)

 

【参考】

7 of the biggest ‘facts’ about unhealthy food that actually aren’t true-The Washington Post

関連記事