もう挫折しない!上達して確実にできるようになる4つのポイント

  • LINEで送る
2015.05.17

suzie.20150517

『300人の達人研究からわかった 上達の原則』(北村勝朗著、CCCメディアハウス)の著者は、「才能」について研究している東北大学教授。

本書では、15年の歳月をかけて見出したという「質の高い練習とやる気を無理なく持続させるコツ」を紹介しています。

では、具体的にはどうすれば上達できるのでしょうか? 第4章「すぐに使える上達のコツ」から、4つのポイントを引き出してみましょう。

■ポイント1:やる気にスイッチを入れる

才能を伸ばす最大の武器はやる気。そこで、まずは「やる気のスイッチが入った状態」をつくり出すことが大切だといいます。具体的な手段は、以下のとおり。

(1)将来なりたいイメージを描く(2)やる気が起こる仕掛けを考える(3)一緒にやる仲間を見つける(4)お気に入りの用具や文房具を使う

やる気スイッチを入れるために、さまざまな角度から自分を刺激するわけです、

■ポイント2:「できる」という自信を持つ

上達は、練習や学習などの苦しいプロセスを乗り越えた先にあるもの。

そして、それらを長時間継続するために大切なのが、「自分ならうまくできそうだ」という成功の見通し(効力予期)や、できたときの喜びへの期待(結果予期)。

では、「自信をつける際に役立つこと」「注意したい点」「自信をつけようとする場合に邪魔になる不安を減らす手立て」をご紹介しましょう。

(1)ポジティブな言動を心がける(2)成功した人を真似てみる(3)成果が出たら自分をほめる(4)不安な要素を減らす努力をする

■ポイント3:質の高い練習ができる状況をつくる

気持ちよく目覚められたり、「今日は体調がいい」と感じたときがあったら、その前の数日間にどのような生活をしていたか思い出し、それを再現してみる。

それを繰り返していくうちに、自分に合った生活リズムや生活環境が見つかるといいます。

■ポイント4:自分を外から見てみる

上達のためには反復練習が不可欠ですが、その結果を注意深く見て、いまの練習法や学習法にフィードバックすることが重要。

練習や学習の効果と実効性を、「もうひとりの自分の目」で、そのつど振り返ってみるのが大切だという考え方。「気づくこと」「振り返ること」が、質の高い練習につながるということです。

第3章では、著者がインタビューしてきた各界の達人たちが教える「上達のヒント」も紹介されています。全体を見ても実践的な内容なので、なにかを上達したい人は読んでみて損はないと思います。

(文/印南敦史)

 

【参考】

※北村勝朗(2015)『300人の達人研究からわかった 上達の原則』CCCメディアハウス

関連記事