無駄遣い経験者の74%が「購入後に後悔した」アイテムが判明!

  • LINEで送る
2015.05.24

shutterstock_239422660

「お金をドブに捨てたようだ……」と無駄使いを後悔したことはありませんか。その時の残念な気持ちといったらないですよね。

今回、全国の30代の男女300人に「お金を無駄にしてしまったことがありますか」と質問をしたところ、男性67%、女性はなんと82%、全体では74%の人が“経験アリ”ということが判明しました。

お金は有意義に使いたいと思うのは皆同じ。しかし、意外な落とし穴もあるようで……。

インターネットでの買い物では想像していたものと違うものが届いたり、定価で商品を購入したら翌日セールで安くなっていたりなどは、男女問わず多くの人が経験をしているようです。

それでは逆に、自分の意志でお金を無駄にしたと思ったものは何だったのでしょうか。アンケートの結果を元に紹介していきたいと思います。

■男性が購入して後悔したアイテムとは?

今回は、男性ならではの意見が多数ありました。例えば、女性に対してお金を使ったとき「無駄使いした」と思うかどうかはその人次第でしょう。

しかしハ、マって大金を貢いでしまうなど、後から後悔することが多いなら、今後はやめた方が自身のためかもしれません……。男性が「これはお金を無駄にした」という意見は次の通りです。

「お礼を言わない女性におごったとき」

「女に大金を貢いだ。貯金を使い果たしたがフラレた」

「ボーナスをギャンブルで使い切ったこと」

「アダルトサイトの脅迫メールに騙されてお金を振り込んだ」

「外貨預金で損をした」

「風俗店での万単位の支払い。たかが一発抜くだけなのに割に合わない」

お金の運用などで損をするのはその金融商品の特徴でもあり、ある意味「仕方ない」と言えるのかも……。

風俗は需要があるから成り立つものではありますが、終わったあとに「割に合わない」とつぶやくなら、やめておいた方が懸命な気もします。

■女性が購入して後悔したアイテムはこれ

女性は可愛いもの、オシャレなものを見て回るのが大好き。

ショッピングがいい気分転換になったり、気晴らしになったりもしますね。ただし購入時には「本当にそれ必要!?」と冷静に自分自身に問いかけてみた方がいいでしょう。

女性が後悔したアイテムは次の通りです。

「お気に入りブランドの福袋。ハズレしか入っていなくて最悪」

「ハウツー本みたいなのを買った。冷静になればいらなかった。」

「手動でみじん切りにできる道具。普通にまな板でみじん切りした方が早かった」

「通信教育の資格取得の代金。やってみると独学で十分な気がした」

「痩せたら着られると思って買った服。結局痩せなかった」

「高額を払って痩身エステに行ったのに全然痩せない」

ほとんどの女性が「痩せたい」「美しくなりたい」と思うものです。そこにお金をかけることは決して無駄ではないのですが、結局は自分次第。

無駄にしないためには、商品を購入する時に「本当に自分は努力ができるか」を見極めることが必要だったようです。

今回無駄使いアイテムを見てみると、男女の違いがよく出ていました。どんな時も、一回冷静になってからの購入が一番です。

また、衝動買いグセのある人は無駄使いの常習犯になってしまう可能性も。本当に必要なのか、立ち止まって考えるようにしたいものですね。あなたの日常はいかがですか?

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2015年3月27日(金)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事