1箱1500円の高級ティッシュ「超鼻セレブ」が大成功した3つの理由

  • LINEで送る
2015.05.26

suzie.20150526

『商品ストーリーから学ぶ戦略の教科書』(安部徹也著、KADOKAWA/中経出版)は、ヒット商品がどのようにして生まれたのか、具体的な事例を交えて解説している書籍。

iPhoneからスターバックスまで、紹介されている商品や企業もさまざま。ビジネス戦略を学ぶことができるだけでなく、読みものとしても楽しめます。

Chapter 4「価格を決める なんとなくで価格は決めるな」から、「1箱1500円のティッシュ!! 超鼻セレブの非常識高価格戦略」に焦点を当ててみます。

■こだわり抜いた3つの特徴

王子ネピアが発売した2箱3000円の超高額ティッシュ『超鼻セレブ』が、異例の大ヒット商品となったことは有名です。

しかし、ボックスティッシュが5箱200円で買える時代に、なぜそのような商品が売れたのでしょうか? 著者によれば、それは“こだわり抜いた3つの特徴”のおかげだそうです。

(1)2枚重ね+1枚

まず、ひとつ目の特徴は、ティッシュを3枚重ねたこと。普通のティッシュは2枚重ねが主流なので、さらに1枚追加したことで、ティッシュの柔らかさが強化されたわけです。

何回鼻をかんでも、3枚重ねのティッシュの弾力が鼻を優しく包み込んでくれる。つまり、肌を傷めない配慮がなされているということ。

(2)魅惑のアロマの効果

ふたつ目の特徴は、大人のアロマと呼ばれるヴァーベナを配合したこと。その昔、魔女が媚薬に入れたという伝説もあるヴァーベナは、非常に採油の難しい“幻のアロマ”。

効能としては、リラックス作用やリフレッシュ作用に加え、気管支炎や鼻づまりなど呼吸器系の症状に効果を発揮するのだとか。

そんな魅惑のアロマをティッシュに染み込ませることにより、鼻にティッシュを近づけるたびに癒されるアロマテラピー効果が期待できるということ。

(3)ダブル保湿

そして最後の特徴は、ダブル保湿。ソルビットと天然グリセリンという2つの保湿成分が空気中の水分をティッシュに取り込み、パルプ本来の柔らかさを最大限に生かしているわけです。

だから、これまでの乾燥したティッシュと違い、いつ使用してもしっとりとした潤いを保つ究極のティッシュとなりえたということ。

■非常識な価格設定で大成功

また、もうひとつ加えるとすれば、非常識な価格設定もヒットの要因。これが話題を呼び、多くのマスコミがこぞって報道したことが、大きな宣伝効果を生み出したということです。

このように、商品が成功に至るまでのプロセスが、わかりやすく解説されています。読んでみれば、意外な気づきが得られるかもしれません。

(文/印南敦史)

 

【参考】

安部徹也(2015)『商品ストーリーから学ぶ戦略の教科書』KADOKAWA/中経出版

関連記事