3人に1人が「あ~体力の無駄をした!」と後悔した出来事とは?

  • LINEで送る
2015.05.28

shutterstock_210394492

みなさんは、日常で「体力の無駄をした」と思ったことはあるでしょうか。「せっかく全速力で走ってきたのに電車が行っちゃった……」なんて、ありがちな話ですよね。

そこで、30代の男女300人に同じ質問をぶつけてみました。すると、男性の25%、女性の30%、全体の28%が「経験アリ」と答えたことが明らかになりました。

「えっ、もっといるのでは……?」と思う人もいるかもしれません。しかし、体力の無駄は日常の些細なことも多いので、案外スルーしてしまうものなのです。

ただ、意外と男性と女性で体力の無駄をすることの違いがありました。それでは、アンケート結果を元にみなさんの意見をみていきましょう。

■男性が「体力の無駄をしてしまった」と後悔したこと

男性が挙げる回答も日常のささいな出来事が多いようです。

意味のないことに体力の無駄をしてしまった自分にちょっとイラつく。誰にでもありそうですが、気持ちは分かりますね。その他も“体力の無駄あるあるクイズ”みたいな感じですが、紹介しましょう。

・職場の鍵を落として探しまわったが、家の前に落ちていた

・買い忘れてまた外出する羽目になったとき

・朝、走って出勤したのに電車の遅延で意味がなかった

・閉店時間に間に合うように急いで行ったら、定休日だった

・洗車した後に雨が降った

・家の鍵を閉め忘れたと思って急いで帰ってみたら閉まっていたとき

・終電を逃して歩いて帰った時

・ソープでパネマジ相手にセックスしたとき

ちなみに、風俗で女性を指名するときの紹介写真(パネル)で、修正加工して実物より良く見せていることをパネルマジック(パネマジ)というらしいです。

写真と実物が違ったら残念。これではお金払ってすることも、ただの体力の無駄となってしまうのかもしれません……。

■女性が「体力の無駄をしてしまった」と後悔したこと

女性は、子どもや旦那、彼氏に行動を合わせることも多いようです。それで、男性より女性が多い結果に。そんなとき脳裏に浮かぶのは「これって体力の無駄じゃない?」ってこと。

体力の無駄=ダイエットに効果アリ、など脳ミソで発想の転換をして、めげずに頑張ってほしいです。その他、アンケートでは以下のような回答がありました。

・片づけても片づけても子どもがすぐに部屋を汚すとき

・子どもが「手袋を落とした」と言うので外を探しまくり、見つからず諦めて帰ってきたら家にあったとき

・子どもとピクニックに出かけようと思って弁当を作ったら雨が降ってきた

・家の大掃除をしても、旦那がいつも散らかして片づけないので毎回無駄。本当にイライラする

・旦那のなくし物を30分以上いっしょに探してあげたら、結局本人のポケットにあった

・彼氏に楽しくないデートでいっぱい歩かされた時

・仕事をしない人のせいで残業になったとき

・女性同士の無駄な言い合いに強制に入れられ、長時間付き合わされたとき

女同士の言い合いの仲裁役などは、大変な気力と体力を使いそうです。結局白黒つかず、結論も出ずに終わることも多く、「体力の無駄」の中でもキング・オブ・無駄、と言えそうです。

体力の無駄とは、生産性のない無意味な行動をしてしまうコトでもあります。相手に合わせなくてはならない場合は仕方ないにしても、自分のうっかりミスで無駄な体力は使いたくないですよね。

一度やって後悔した行動は繰り返さないように、注意して生活をしていきましょう。

(文/齊藤カオリ)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2015年3月28日(土)

調査対象:全国30代の男女300名

関連記事