生物学者が証言!男性が巨乳の女性より賢い女性を好きになる理由

  • LINEで送る
2015.05.31

shutterstock_179405186

スリーサイズ、バストサイズ、ウエストサイズ……。これらの数字が、女性の魅力を測る指標であるかのように、世の中では言われていますよね。

実際、電車の中吊り広告には“Hカップ”の文字が躍り、テレビをつければ魅力的なプロポーションの女性タレントがたくさん登場しています。

大きな胸や形のいいお尻、スラリと伸びた脚……。「あ~あんなにプロポーションが良くないと、素敵な彼氏もできないよ~!」なんて思っちゃってませんか?

どうやら、男性はそこまで浅はかじゃないようです。今回は、そんな「上辺だけの数字に惑わされないで!」というお話をしましょう。

■生物学的に魅力的な女性とは?

今、イギリスのニュースサイト『Daily Mail Online』で、著名な生物学者の発言が英語圏で話題になっています。

発言の主は、イギリスの最高学府・ケンブリッジ大学で最先端生物学を研究するデヴィッド・バインブリッジ教授。ご自身もなかなかの男前です。

そんなバインブリッジ教授がウェールズの有名な古書店街で行われたイベントに招かれ、女性たちを勇気づけるこんな発言をしました。

「男性はパートナーを探すとき、女性の胸がどのくらい大きいかはそんなに重視していません。それよりも、その女性がどのくらい賢いか、のほうを見ているのです。このことは生物学的に証明されています」

バインブリッジ教授によれば、男性はパートナーを探すとき、相手の女性が信頼できる母親になるかどうかを基準に考えているそう。

「男性が女性にまず求めることは、知性です。さまざまな研究がこのことを示してきました。そして知性は、彼女が子どもの頃そうしてもらったように自分の子どもたちの面倒を見る、ということを示しています。そのことに男性は安心し、惹かれるのです」

■女性の良スタイルは健康の証!

でも、胸の大きさや美脚も男性にとっては大きな評価基準ですよね、教授? こんな疑問に、バインブリッジ教授はこう答えます。

「男性はたしかに大きな胸やスラリと伸びた脚を見ると喜びますよね。でもそれは、“均整が取れている”ことを証明しているからにすぎないのです」

人間は、よりよい種(子ども)を残したいという欲求を持っています。女性の容貌は、その女性がよい遺伝子を持っているかの判断基準のひとつになるというのです。

たとえば、胸は大きいほど左右のサイズの均整も取れている傾向があります。脚がスラリと伸びているということは、くる病など成長過程での病気がなかったことの証明になります。

くる病とはビタミンD不足などが原因で骨の石灰化が妨げられる病気で、O脚など脚のゆがみはこの病気の特徴のひとつ。

体のパーツの均整が取れているということは、そうした病気などの心配がなく、若く健康である、ということを示しているのです。

つまり、大きな胸とスラリと伸びた脚を持つ女性は、若く健康で安定した遺伝子を持っていると判断され、よりよい種を残したいと思っている男性は、無意識にそうした遺伝子を持つ女性に魅力を感じているだけのこと。

なるほど、生物学者らしい主張ですね!

■女性は外見より中身を磨こう!

バインブリッジ教授をはじめ、ケンブリッジ大学の研究者たちはこう主張しています。

「知性ある女性は、知性ある両親のもとで十分に庇護されて育ったということを体現している。自分の子どもをよい環境で育てたいという願いを持っている男性が、女性の知性をもっとも重視している理由はそこにある」

知性ある女性はよい母親になるから魅力的である、というと、やや性差別的なニュアンスも感じますが、あくまでも生物学的な見解です。

人間も生物である以上、よりよい種をのこしたいという欲求を持っているのは当然のこと。男性が、異性のビジュアルよりも中身を重視しているというバインブリッジ教授の研究は、世の女性を勇気づけると思いませんか?

さぁ、さっそく自分磨きを始めましょう!

(文/よりみちこ)

 

【参考】

Why brains, not bust size, matter more for men: Scientist claims males value intelligence most as it’s a sign a woman will be a responsible mother―Daily Mail Online 

関連記事