時計の針が重なるのは何回?あなたの数学的センスがわかるクイズ

  • LINEで送る
2015.06.01

shutterstock_92910223

大人になると、学校で習った数学って忘れがちですよね。でも、数学的センスって意外と大事。数学の問題って、実は人間関係と少し似ているものがあるんです。

そこで今回は、そんな数学の問題を出題したいと思います。数学が苦手な人も、クイズだと思って軽い気持ちで挑戦してみてください!

■数学的センスがわかるクイズ・問題編

「時計の長針と短針は、一日に何回重なるでしょう?」

これは、あのGoogleの入社試験に出たことで一躍有名になった問題です。アナログ式(針で時間を示す12時間表示タイプ)なら、腕時計でも壁時計でもかまいません。

簡単そうでありながら、私たちの数学センスを鍛えるのには絶好な問題なので、ちょっと一緒に考えてみましょう。

■数学的センスがわかるクイズ・回答編

何回かわかりましたか? この問題の答えは、22回です。「1時間に1回重なるはずだから、24回じゃないの」と考えた方が多いと想像しますが、それは間違い。どうして2回少ないのでしょう。

腕時計でも壁時計でもいいので、よくある12時間表示の時計を思い浮かべてみてください。

例えば、1時台なら、いつころ長針と短針は重なりますか。そう最初の方の時間でいえば“1時5分”くらいの所で長針と短針は重なります。

2時台なら、2時11分頃。3時台なら、3時16分頃。4時台なら、4時22分頃と徐々に後ろにずれていきます。それでも、10時台まではかろうじて重なる時があるのですが(10時55分頃)、問題は11時台です。

ここで、11時ぴったりの時計を想像してみてください。その時点で、短針は11ちょうどを指し、長針は0の所です。

一生懸命に長針(分)は遙か先の“11”にある短針(時)に追いつこうとするのですが、11時台に追いつく事は出来ずに、なんとか追いつくのは“12時ぴったり”の時です。

つまり“11時台”にだけ、長針と短針は重なりません。一日に11時台は2回あるので、24−2=22となり、問題の答えは“一日に長針と短針が重なるのは22回”となります。

■時計と人間関係はかなり似ている!

時計は一日に何度も見るものだし、12時間表示の腕時計をしている方も多いでしょう。

でも、改めて「長針と短針は毎時必ず重なるか」と問われると、ちょっと迷いますよね。まさか11時台にだけ穴があるなんて、なかなか思いつかない。

実は、数学だけでなく人間関係でもそんな事はあるかもしれません。長時間一緒にいるし、よく知っているはずの相手。

でも、実はあなたの知らない部分が、普通は1~2つはあるものです。別に隠しているわけでなく、普段見せているのに、たまたま気づかない特定の部分です。

この数学の問題は、そんな部分もあるのだと改めて私達に気づかせてくれます。数学って、無味乾燥ではなくて、むしろ人間くさいことを沢山気づかせてくれるのでないかと思う今日この頃です。

(文/シール坊)

関連記事