「いいね!」は1日45億回!Facebookの意外な事実10個

  • LINEで送る
2015.06.10

shutterstock_189101267

アメリカのマーケティング会社・Wishpondが、Facebookについて40項目の統計を発表しました。この中から、日本のみなさんが興味を持ちそうなFacebookに関する意外な事実を10項目にまとめてご紹介します。

■1:世界のデイリー・アクティブユーザー数は9.36億人

地域別にみると、アジアが一番多くて2.53億人となります。世界最多の人口を誇る中国ではFacebookにアクセス規制がかかって利用できないことを考えると、この数は驚きです。

ちなみにアメリカとカナダの2カ国で1.57億人、ヨーロッパでは2.17億人でした。単独の国で最もデイリー・アクティブユーザーが多いのはカナダでした。

■2:Facebookに月1回以上ログインする割合は72%

成人オンライン利用者の72%が、月に1回以上Facebookにログインするそうです。また、ユーザーが1日にFacebookで費やす時間は平均21分でした。

■3:アメリカ人女性のFacebookフレンド数は平均250人

意外と少ないと思いませんか?

■4:1日の平均「いいね!」数は45億回

毎分の「いいね!」数にすると3,125,000「いいね!」になります。これを24時間にすると45億「いいね!」です。あなたの「いいね!」はこの数字にどのくらい貢献していそうですか?

■5:Facebook上にアップロードされている写真の総数は2,500億枚

1日にアップロードされる平均枚数は3.5億枚。Facebookユーザー1人当たりの写真アップロード総数は217枚だそうです。

■6:交際ステータスを変えた日のFacebook上でのやりとりアップ率は225%

Facebookの交際ステータスには、「独身」「交際中」「婚約中」「既婚」「別居」「死別」「複雑な関係」など、なんと11種類あります。

ステータスを変えると、友達のニュースフィード上にその情報が流れるので、友達から「いいね!」をもらったり、コメントがついたりして、アクティビティが普段の2倍以上に活発になります。

■7:友達登録を外す理由は、不適切または極端な内容の投稿

友達登録を外されたくなければ、投稿内容や共有範囲に注意が必要かもしれません。

また、外されることが一番多い友達のタイプは、高校時代の友人だそうです。卒業して接点がなくなったから、ということでしょうか。

■8:職場からFacebookにアクセスできないアメリカ人の割合は19.4%

逆に言うと、80%近くの人が職場からアクセスできるということになります。意外と多いですね。

そして仕事がある日にFacebookを使うアメリカ人の割合は29.29%。職場からアクセスできる人が8割いるわりには低いようです。

■9:2014年にFacebookがもたらした経済効果は2,270億ドル

無料で利用できるFacebookですが、タイムライン上の広告やビジネス関連のFacebookページなど、経済効果が高くなるしかけはたくさんありそうです。

■10:最もファンの数が多いテレビ番組『シンプソンズ』

これに、Mr.ビーン、スポンジ・ボブが続きます。一方、1番ファンの数が多いミュージシャン(2015年4月時点)はシャキーラで、エミネム、リアーナと続きます。

最近では、携帯の連絡先を教えあうよりもSNSのアカウントやIDを教えあうことが多いですよね。数字を見ても、いかにFacebookが私たちの生活に浸透しているかが伺えます。

手軽に楽しめるからこそ、マナーやセキュリティに気をつけつつ、Facebook上の友達との関係を深めたいですね。

(文/松丸さとみ)

 

【参考】

40 Up-to-Date Facebook Facts and Stats-Wishpond

関連記事