通勤時間が20分以上の人は要注意!研究で様々な危険が明らかに

  • LINEで送る
2015.06.14

shutterstock_152929088

毎朝会社へ向かうとき、長い時間、満員電車にゆられていませんか?

実は通勤時間によっては、あなたは危険にさらされているかもしれないのです! 通勤時間に潜むリスクについて、イギリスのニュースサイト『Daily Mail Online』を参考にご紹介します。

■通勤時間が20分以上の人は要注意

人間は20分以上の通勤で、大きなストレスを感じてしまうことが新たな研究で明らかになりました。

長い通勤時間は身体にも精神にも疲労を与え、仕事に対するモチベーションを大きく下げる結果となったのです!

職場まで20分以上かかるという人は、通勤時間だけでエネルギーを消耗してしまっているということ。仕事と向き合う前にある意味燃え尽きてしまっては、仕事に集中しきれませんよね。

長い通勤が生産性を下げると言っても、過言ではないでしょう。通勤の問題は、従業員にとっても企業にとっても重要なのです。

■通勤ストレスは住む場所ごとに違う

この研究で、カナダで1,942人の通勤者に対して調査が行われました。

被験者はケベックにある63の組織で勤務。17~69歳で、通勤パターンに関して彼らの通っているパターンに関して地域を含めて比較しました。

その結果、モントリオール大学のアニー・バラックは、通勤のストレス要因と、消耗されるエネルギーや苦しみに相関関係を発見。

同時に、それが通勤方法や住む場所によっても異なることもわかったのです。

例えば、大都市へ向かう人ほど、車での通勤はよりストレスフルなものになります。郊外や農村地帯へ車で通う人は、ストレスを感じてはいないでしょう。

むしろリラックスしてドライブしている可能性さえあります。車ではなくバスなら良いのかと言うと、混み具合によってはそうも言えません。

バスは電車に比べて、到着の時間が前後することが多くあります。もしそれで遅刻するようなことがあれば、それもストレスの要因になります。

大都市で車が使いにくい現状が打破されない限り、公共交通機関を利用する人がほとんどでしょう。その仕組みにメスが入らない限り、私たちの苦しみは減りません。

■ただし自転車通勤なら快適な時間に

自転車の場合は、都市の方が便利です。日本でも、自転車専用レーンが設けられていたり、自転車が快適に走れるようになってきています。

一方で郊外は、特にこうした整備がされていない分、自動車と共有する通行スペースが多く、時に危険が伴うでしょう。

自転車通勤が健康にとてもいいというデータもありますが、誰もが自転車通勤に変更できるわけではありません。

いっそのこと引っ越して静かな田舎道を自転車通勤できれば朝から気持ちが良いでしょうが、あまり現実的ではありませんよね。

それにいずれにせよ、通勤時間が20分以上になれば、気持ちが燃え尽きてしまうリスクがあることに変わりないのです。

■通勤でストレスを感じないためには

では、この研究でストレスを感じていない人はどんな通勤をしているのでしょう? それは都心から郊外へ通勤している人や、農村や郊外に住んでいる人が公共交通機関で通勤している人です。

こうした場合は、少し長めの時間通勤しても、あまりストレスを感じないことがわかりました。そのため、在宅勤務の日を取り入れるのもひとつの解決策でしょう。

このように場所を変えることによっても解決できますし、たとえば出社の時間をずらすなどして通勤時間のピークを避ければ、ストレスは確実に減らせます。

従業員の工夫でなんとかなる部分もありますが、通勤時間に配慮し、柔軟に対応できる会社こそ、現代のホワイトな会社と言える要因となりそうです。

柔軟な考え方が、新たな時代を作ります。通勤時間や通勤方法に融通を利かせられる会社こそ、効率や売り上げ、従業員満足が上がる結果となるでしょう。

従業員の立場としては、より最適な通勤方法を探し、時には思い切って職場の近くに引っ越すのも手。通勤の概念が変わる時代が来ることを期待しましょう。

(文/和洲太郎)

 

【参考】

Do YOU travel more than 20 minutes to work? If so, you’re at risk of ‘burnout, exhaustion and cynicism’-Daily Mail Online

関連記事