45年で地球の人口は倍!意外と身近な歴史×数字トリビア10個

  • LINEで送る
2015.06.17

shutterstock_49218052

今身近にあるものが、どういった経緯でできたのかわかると歴史を知るのが楽しくなります。

アメリカのニュースサイト『WVTM』を参考に、年数や年齢などの数字に関する歴史トリビアを10個見ていきましょう。

■1:飛行機が出来てから月面着陸まではたったの66年!

ライト兄弟が初めて空を飛んだのは、1903年の出来事。それまで人類にとっては夢のまた夢であった空中飛行、それが達成されてからわずか66年後の1969年、アポロ11号は月面着陸に成功したのです。

■2:関数電卓はアポロ11号のコンピュータより高性能

欧米では数学のテストで電卓使用が許可されることが多いので、子どもにTI-83などの関数電卓を買い与えることが多くあります。

この関数電卓、実はアポロ11号の月面着陸ミッションで、案内を務めたコンピュータより高性能だというのです! 性能の差は、なんとおよそ6倍。技術の進歩は目を見張るものがあります。

■3:今2分で撮られる写真の数は19世紀全体で撮られた写真より多い

デジタルカメラやスマートフォンの写真機能が充実した現在では、誰でも気軽に写真が撮れるようになりました。

しかし、昔の写真は高級品、撮るためには専門的な技術や専用の装置が必要だったのです。最初の写真が撮られたのは1826年のこと、現代手軽に撮れる写真は技術の進歩のおかげと言えます。

■4:オクスフォード大学はアステカ文明よりも歴史が古い

アステカ族はテノチティトランという首都を1325年に建設しました。それに対して、オクスフォード大学の礎が築かれたのは1249年、英語圏では最古の大学です。

古代文明のイメージのあるアステカ文明よりも、今でも著名人を輩出しているオクスフォード大学の方が歴史は古いということになります。

■5:1970年より前に生まれた人は地球の人口が倍に!

1970年の時点で、世界の人口はおよそ37億人でした。そして2015年の現在は、約73億人。この45年間の間で、地球上に住む人の数はほとんど倍になっているのです。

日本の人口がどんどん減少していることは広く知られていますが、世界人口は増え続けており、2050年には95億人を突破する見通しだとか。

■6:今のウィル・スミスはもうフィル叔父さんよりも年上

ウィル・スミスの有名なファミリーコメディ『ベルエアのフレッシュプリンス』が初めて放映された時、ウィル・スミスの叔父さん役を演じていた今は亡きジェームズ・エーヴリーは45歳でした。

現在のウィル・スミスは46歳、当時の叔父さんの年齢を超えてしまいました。

■7:クレオパトラが生きた時代はピラミッドよりピザハットに近い

時間感覚が狂いそうな驚きの事実。クレオパトラが生きた時代はクフ王のピラミッドが建てられた時期よりも、ピザハットの1号店がオープンした年の方が近いというのです。

ピラミッドの建造は紀元前2540年頃、ピザハットの1号店がオープンしたのは1958年です。

クレオパトラは紀元前69年頃と言われているので、クレオパトラにとってはピザハットオープンの方が近い歴史ということになります。

■8:ピラミッドができたときにマンモスは生きていた!

マンオスが絶滅したのは紀元前1650年頃であると推定されています。ピラミッドができたのは紀元前2540年ですから、マンモスが絶滅したのはピラミッドから約1000年後ということになります。

■9:ファックスができたときにアメリカは西部開拓時代

ファックスが初めて発明されたころ、アメリカはオレゴン街道を使って西部開拓を行っている真っ最中でした。

ファックスの最初の特許が撮られたのは1843年、西部に移住した開拓者が通ったオレゴン街道は1841年から使用が開始されました。その時代にもうファックスができていたのですね。

■10:大女優ベティ・ホワイトは食パンよりもお年寄り

エミー賞に7回輝いたアメリカの大女優であり、3つのアメリカン・コメディ・アワードを受賞したコメディアンでもあるベティ・ホワイトは1922年生まれの93歳。

アメリカの発明家、オット・ローウェッダーが商業用にパンをスライスする機会を作ったのよりも6年も早いことになります。

こうやって当時の情勢と現代を比べると、時代の進歩がわかって面白いですよね。歴史と数字は切っても切れない関係。『Suzie』では、誰かに話したくなるような歴史×数字のトリビアを配信していきます。

(文/和洲太郎)

 

【参考】

Whoa! 12 facts that will boggle your mind!-WVTM

関連記事