石油工学の年収は1200万円以上!初任給が高い学問トップ10

  • LINEで送る
2015.06.18

shutterstock_140162686

今や日本では、若者の2人に1人以上が大学・短大に進学します。

ただ、大学の専攻と関係ある職に就けるとは限りません。それで、社会人になってから、仕事の関係などで自分が学生時代に専攻した分野以外に興味を持つこともありますよね。

そんなとき、どの学部を出ていると、どれくらいの給料をもらえるのかって、気になりませんか? というわけでアメリカの情報サイト『HypedUp』を参考に、高額の初任給が期待できる学問トップ10をご紹介します。

アメリカン・ドリームの国らしく、信じられないような金額が並びますが、あくまでもアメリカでの平均値ですのであしからず!

■1位:石油工学・・・初年度の平均年収1,265万円(103,000ドル)

石油は現代の生活になくてはならないエネルギー。石油産業の周辺では今も、莫大なお金が動いています。

石油工学を学んだ人への需要は非常に高く、数年でなんと平均年収1,845万円(150,000ドル)にも達するそう。スケールが違いますね。

■2位:化学工学・・・初年度の平均年収800万円(65,000ドル)

工学系は、収入に結びつきやすく“高給取りになりたい”という夢を叶えるのにぴったりな学問領域。

中でも化学に関わるテーマは劇薬を使用するなど危険な面もありますが、広く一般に資するところの大きい分野。その分、年収もかなり高額です。

■3位:航空宇宙工学・・・初年度の平均年収775万円(63,000ドル)

航空宇宙工学は成長の目覚ましい分野。各国とも威信をかけて巨額を投じる一方で、人気がある学問であり卒業後の進路も限られるとあって、狭き門の筆頭です。

ロマンのある仕事ができて高収入が期待できる、夢のような学問といえます。

■4位:機械工学・・・初年度の平均年収740万円(60,200ドル)

機械の設計や製作、運用を学びます。機械などの構造物をデザインしたいと思っているなら、機械工学はおすすめの学問領域です。

近年急成長しているハードウェアやソフトウェアも研究対象。科学技術の先端をいく人材になれます。

■5位:生体医工学・・・初年度の平均年収735万円(59,600ドル)

ヘルスケア事業や医薬品・医療機器の開発など、成長を続けているのがこの分野。

ベビーブーム世代の高齢化がその成長に拍車をかけています。中でも先進医療にはさまざまな医療機器が活躍しますから、医療と工学両方の知識を持つ人材には需要があります。

■6位:土木工学・・・初年度の平均年収665万円(54,000ドル)

この分野も需要が供給を上回る、いわゆる“売り手市場”。

CADと呼ばれるソフトを用いた建築デザインや設計技術を持っていれば、とくに高く評価されます。自然災害を見越した防災やインフラ整備の専門家としても活躍できます。

■7位:物理学・・・初年度の平均年収655万円(53,200ドル)

古代ギリシャに起源を持つ、とても歴史ある学問領域で、ノーベル賞の一部門であることでも有名な物理学。

原子から宇宙まで、非常に幅広い世界が研究対象です。進路の幅はそう広くはありませんが、抜きんでた能力を持っていれば、高給の職業に就くことができます。

■8位:サプライチェーン・マネジメント・・・初年度の平均年収640万円(51,900ドル)

在庫管理や生産ラインの効率化は事業全体のコスト削減に大きく影響しますから、ITを活用してその流れの効率化を図るサプライチェーンも企業にとっては大きな関心事。

ただし、企業の一部門として働くことが多いので、組織で働くことが苦でない人が向いています。

■9位:コンピュータ科学及び情報システム・・・初年度の平均年収630万円(51,200ドル)

科学技術やコンピュータに興味がある人なら、この分野で活躍できる素養があります。

ネットワーキングシステムやコンピュータ言語、プログラムを構築するためのハードウェアに関する知識を身につければ、年収600万円以上の職に就くことができるかもしれません。

■10位:建築マネジメント・・・現場監督1年目の平均年収625万円(50,900ドル)

建物の様式がより複雑化し、より高度な技術が求められるようになっています。かなりの激務ではありますが、現場監督になればアメリカでは年収600万円超が一般的なのだそうです。

総じて理系の分野が多いようですが、まだまだ新しい学問領域もあり、極めれば超高額初任給は決して夢ではありません。今から学び直すのも視野に入れてみては?

(文/よりみちこ)

 

【参考】

10 of the Highest Starting Salary College Degrees―HypedUp

関連記事