開始は100年前!父の日が「毎年6月第3週にある」意外な由来

  • LINEで送る
2015.06.20

shutterstock_282464312

明日は『父の日』ですね。父の日はご存知のように、6月の第3日曜日です。なぜ『母の日』は第2日曜なのに、『父の日』は第3日曜なのでしょうか。

一体、由来はどこから来ているんでしょうか。今回は、この意外な真相に迫ります。

■父の日ができたのは約100年前!

『母の日』が5月だからと、続けて設定したわけではありません。それはアメリカ人女性のソノラ・スマート・ドッドさんの父親の誕生日が6月だったことに由来します。

1909年。ワシントン州スポケーンに住むソノラ・スマート・ドッドさんは、亡き父に深く感謝していました。

なぜなら、男手ひとつでドッドさんを含む6人の子どもを育てあげてくれたからです。ドッドさんの母は早くに亡くなっていました。

南北戦争が終わったばかりで、男手ひとつで6人もの子どもを育てるのは大変な時代でした。そこで、そんな父を偲んで、父の死後の1909年6月にスポケーンの教会牧師に頼んで礼拝をしてもらったのです。

当時『母の日』はもう存在していたので、ドッドさんは『父の日』も有るべきだと訴え始め、翌年の1910年の6月に再度スポケーンで『父のための礼拝(父の日)』の式典を行いました。

これが世界初の『父の日』の発祥です。この式典を行ったのは、1910年の6月19日。つまり第3日曜日。これが『父の日』は6月の第3日曜の由来です。

もしドッドさんのお父さんが別の月生まれだったら、6月でなかったでしょう。さらに礼拝を行ったのが6月19日でなくて、別の日曜日の6月5日や6月12日、6月26日だったら、やはりずれていたでしょう。

これが、『父の日』が第3週になっている真相です。

■アメリカでは『父の日』が祝日!

トッドさん1人で始めた『父の日』運動は、やがて少しずつですがアメリカに広がり始め、最初の礼拝から63年たった1972年についに国民の祝日にまでなります。

日本では『父の日』はイベントの一つという感じですが、アメリカでは祝日です。日本には、アメリカの6月の第3日曜日は『父の日』という風習がイベントのように入ってきて、そのまま定着しています。

母の日がカーネーションに対し、父の日はバラですが、これもトッドさんが最初に父の墓前にそえた花がバラだったことに由来します。

ちなみに台湾では独自に『父の日』があります。それは8月8日。由来は発音“パパ(八八)”から来ています。

亡き父を思う1人の女性の思いが込められている『父の日』。『母の日』には半数以上の人がプレゼントするのに対し、『父の日』にプレゼントする人は約3分の1だと言われています。

「今更、お父さんにプレゼントなんて恥ずかしい」なんて思わないで、改めて向き合ってみませんか?

別にプレゼントしなくてもいいんです。連絡を取るのが恥ずかしかったら、無理せずに少しだけでもお父さんのことを考えてみる。それだけでも立派な親孝行だと思いますよ。

(文/シール坊)

関連記事