ひとつの食材だけ食べるのが再ブーム!最新の流行ダイエット5つ

  • LINEで送る
2015.06.28

shutterstock_55331011

ダイエットの世界は日進月歩。次々と新たなメソッドが開発されています。

今回は『TIMES』の記事を参考に、また新たに発表された4つの最新ダイエット法について紹介します。

■1:バターをコーヒーに入れるダイエット

少し前、「バターをコーヒーに加えると太らない」というダイエット法が話題になりました。

しかし最新の方法では、エスプレッソとバターとココナッツオイルを混ぜ合わせるとよいといわれています。即効性のエネルギーになると考えられているため、食事代わりにしている信者もいるのだとか。

このダイエットを普及させたデイブ・アスプリーの著書は、ベストセラーになりました。

彼はこの本で、このダイエットを続けることで1日につき1ポンドを減らすことができると主張しています。脂肪とカフェインを含むのでエネルギー量は十分かもしれませんが、専門家によれば栄養不足に陥る危険があるそうです。

■2:1つの食材だけダイエット

これは、オーストラリアのダイエット専門家であるFreeleeによって発明された、同じ食材だけを食べるダイエットです。

このダイエット法では、午後4時までなら野菜などなにか1種類の食材を、量を気にせずに食べることができます。

朝食はリンゴだけ、昼食はクルミだけ、夕食はスイカだけ、というパターンもOK。その食卓に1種類の食材しかないことが重要なようです。このダイエット法を発明した彼女は、1日につき最高51本のバナナを食べることもあるといいます。

ただ、わかりきった話ではありますが、専門家によると、食べものが1種類(時には数種類)に限定されるので、栄養不足により病気になる可能性があります。

■3:KETOダイエット

挙式まで時間のない花嫁に、絶大な人気を誇るKETOダイエット。10日で体重を減らすことができるそうです。

基本的には低炭水化物ダイエットと原理は同じです。脂肪を燃やすために、穀物以外の肉、ナッツ、クリーム、チーズは食べてもOK。代わりに、パンや砂糖などの炭水化物はすべてカットします。

10日間という限定された期間では栄養失調になることはないでしょうが、リバウンドも早いかもしれません。

■4:UPDAY・DOWNDAYダイエット

DOWNDAYの1日だけは食べることをできるだけ我慢し、翌日のUPDAYは好きなものを食べてみてください。UPDAYには、500カロリーを超えない程度に好きなものを食べられます。その代わり、DOWNDAYには我慢が必要です。

専門家の話によれば、UPDAYに食べすぎるようなことにならなければ、UPDAYとDOWNDAYのような日をつくるのは悪いことではないそうです。ダイエットに真剣になるのは結構ですが、DOWNDAYに栄養不足になりすぎないようにしましょう。

■5:プロテインダイエット

シリコン・バレーの従業員は、食事の時間すら節約してより多くの仕事をするために、プロテインを飲んでいるそうです。

パウダー状のプロテインに水を加え、ドリンクにして飲むのです。本来はタンパク質を多く摂取することで筋力をつけるためのサプリメントですが、低炭水化物であることを活かしてこのような方法が編み出されたようです。

しかし専門家は、このダイエットはまったくもって健康的ではないといいます。さまざまな種類の食べものを取り入れ、適度な運動をすることがいちばん健康的であることは明白なのです。

健康的に痩せられるダイエットをしたいなら、簡単で速攻性のあるものはなかなか難しいのでしょう。いろいろな新しいダイエット法を紹介してきましたが、痩せる前に健康第一でお願いしますね!

(文/和洲太郎)

 

【参考】

5 new diet fads – The Times of India

関連記事