なぜ消せるボールペンは「普通のより10倍早く書けなくなる」?

  • LINEで送る
2015.07.01

shutterstock_259617020

数年前から大人気の消せるボールペンは、妙に早くインクがなくなり、すぐに書けなくなると思いませんか?

それもそのはず。実をいうと消せるボールペンは、普通のボールペンの10倍の量のインクを使うのです。だから、10倍早く書けなくなるというわけ。

ということで今回は、筆記具で書ける量を距離に置き換えてみたいと思います。

■鉛筆は大体50キロメートルも書ける!

最初に登場するのは、筆記界の帝王というべき鉛筆です。鉛筆の筆記距離は、なんと50キロメートル。東京駅から高尾山まで、もしくは山手線1周半に相当する距離です。

だから大事に、長く使い続けることが可能。ある意味、鉛筆を使うのは究極のエコかもしれません。

ところで蛇足ですが、鉛筆が6角形なのに対し、色鉛筆が丸型であることには、きちんとした理由があります。

鉛筆は親指、人差し指、中指の3つの指で挟んで使うことが多い筆記具。そのため、持ちやすいように3の倍数の形にしてあるのです。

一方の色鉛筆は、文字を書くというよりも、色を塗るためにいろいろな持ち方をしますよね。そこで、指当たりがいいように丸にしてあるということ。

■消せるボールペンは100メートル以下

さて、話を筆記具の距離に戻しましょう。次はいよいよボールペンについてです。

製品によりますが、一般的なボールペンの筆記距離は、だいたい500~1,000メートル前後です。

そして消せるボールペンは、先に触れたとおり特殊なインクを使っていることもあり、通常のボールペンの約10倍のインクを消費します。

そのため、1本で書ける距離は約100~200メートルです(もちろん、こちらも製品によります)。特に軸が細いタイプは、インクの容量も小さいので90メートル前後にまで落ちます。

つまり普通のボールペンの1/5~1/10程度。鉛筆とくらべたら1/500。

使い方が悪いわけでも、不良品に当たったわけでもなく、「消せるボールペンはすぐにインクがなくなる」と感じるのは当たり前のこと。もともとそういう製品だからなのです。

短い人生だけど、とても便利なもの。それが消せるボールペンなのかもしれません。

(文/シール坊)

関連記事